ビル・パクストン死去、享年61歳

2017.02.28

ビル・パクストンビル・パクストンが61歳でこの世を去った。1996年作『ツイスター』に出演していたビルは心臓発作に見舞われ、心臓の手術を受けるも合併症を患い2月25日(日)に亡くなったという。ビルには妻ルイーズ・ニューブリーとの間に2人の子供たちジェームズとリディアがおり、声明文を通じて家族はビルの死をファンに報告している。ビルの訃報に『トゥルーライズ』の共演者ジェイミー・リー・カーティス、『ブレイキング・バッド』のアーロン・ポールら多くのスターたちがソーシャルメディアを通じてメッセージが贈っている。ビルは『タイタニック』『アポロ13』『エイリアン』『プレデター2』『ターミネーター』などに出演していたことでよく知られており、『アポロ13』で共演したトム・ハンクスも、ビルが「素晴らしい男性だった」とコメントを出している。また、ビルの出演した数々の映画作品の監督を務めたジェームズ・キャメロンもビルの死のニュースにぼう然しているとしつつも、36年間友人であったビルに温かいメッセージを贈っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック