トビー・マグワイア、監督デビューへ?

2017.04.07

トビー・マグワイアトビー・マグワイアがジョー・ネスボ著作『ブラッド・オン・スノウ』の映画版で初の監督を務める方向で話し合いを進めているようだ。新作アニメ映画『ザ・ボス・ベイビー』の声優を担当しているトビーが、今回初めて監督業を務める可能性が出てきたと報じられている。トビーの製作会社マテリアル・ピクチャーズとローレンス・グレイの製作会社グレイ・マター・プロダクションズが同作品の映画版権を手に入れており、企画を進めていると言われている。グレイ・マターのベン・エバラード、著者ネスボのエージェントであるニコラス・サロモンソンがエグゼクティブ・プロデューサーを務め、ネスボが同作品の脚本を手がける。『ブラッド・オン・スノウ』はノルウェーの犯罪組織の幹部に仕える殺し屋オラフの姿を追った作品だ。ある日オラフは幹部の1人の妻を殺害するよう命じられるものの、その女性に恋をしてしまうことから困難な状況に陥っていく。ネスボにとって初の三部作となる同小説の映画化は今回が初めてではなく、今年10月にはマイケル・ファスベンダー主演『ザ・スノウマン』が公開される予定となっている。周辺で巻き起こる数々のストーリーを描く。先週、ソニー・ピクチャーズは同作品の映画版権を買い取っており、アマシア・エンターテイメントのブラッドリー・ギャロ、マイケル・ヘルファンがプロデューサーを務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック