チャーリー・ハナム、当初『パピヨン』への出演を断っていた!

2017.09.26

170925_01チャーリー・ハナム(37)は当初、今年公開予定の『パピヨン』への出演を断っていたそうだ。1973年の脱獄映画『パピヨン』のリメイクで、フランスの脱獄囚アンリ・シャリエールの自伝を基にした同新作に出演しているチャーリーだが、オリジナルではスティーブ・マックィーンが演じた役を演じることに不安を感じていたと明かしている。マイケル・ノアー監督の作品のファンだったというチャーリーは、最初に連絡を受けた時、その監督との仕事に興味を持ちながらも人気のクラシック映画のリメイク版には先入観を持たれがちだとして、参加を断っていたというものの、後にノア監督と一緒に仕事をするチャンスを逃したのは明らかな間違いだと考えを改めたのだそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック