チャーリー・ハナム、『A Million Little Pieces』のキャスト入り

2018.01.23

チャーリー・ハナムチャーリー・ハナムが『A Million Little Pieces』のキャスト入りを果たした。チャーリーはサム・テイラー=ジョンソン監督作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の主人公クリスチャン・グレイ役を断ったことでも有名だが、ジェームズ・フライ著のベストセラー『A Million Little Pieces』の映画化作でジョンソン監督と改めてタッグを組むことになったようだ。チャーリーは、ジョンソン監督の夫アーロン・テイラー=ジョンソンが演じる主人公ジェームズの兄役として出演するという。さらにはビリー・ボブ・ソーントンの他、『ブレードランナー2049』に出演したカーラ・ジュリが出演を決めている。中毒者が12段階の治療を施すリハビリ施設で回復していく様を描いた原作本は、もともと回想録として出版され、2005年にオプラ・ウィンフリーによるオプラ・ブック・クラブに取り上げられたことで一気にベストセラーとなった。しかし、その後フィクションだとする告発記事が公開されたことで物議をかもし、以降は「セミフィクション」として販売されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック