エイミー・シューマー、女子プロボクサーの伝記映画の出演交渉中

2018.04.19

エイミー・シューマーエイミー・シューマー(36)が、女子ボクシングの元世界チャンピオンのクリスティ・マーチンの伝記映画に向けて出演交渉中のようだ。この新作『クリスティ・マーチン』は、『バレンタインデー』『ニューイヤーズ・イブ』やテレビドラマ『アーミー・ワイフ』などの脚本家キャサリン・ファゲイトにとって監督デビュー作品となる。クリスティ役での出演を打診されているようで、出演が決定すれば、コメディエンヌであるエイミーにとってキャリアの転換点になりそうだ。「炭鉱夫の娘」という別名で呼ばれるようになり、1989年にはプロボクサーとなったクリスティは、トレーナーのジム・マーチンと結婚したが、初めて出会った際にはボクシングをやめさせるためにジムからあばら骨を折られたという。しかしそれに耐えながらもボクシングを続け、有名なプロモーターのドン・キングと契約した初の女性となり、2003年までトップに君臨し続けた。ジムとの暴力的な結婚生活を送る中ある女性と恋に落ち、離婚を切り出した際にジムから拳銃で撃たれたが一命を取り留め、ジムは逮捕された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック