ホアキン・フェニックス、正式にジョーカーの映画に主演へ

2018.07.13

ホアキン・フェニックスホアキン・フェニックスが正式にジョーカーの映画に出演することが決まった。ワーナーブラザースはバットマンの宿敵ジョーカーの原点を描く映画を企画しており、ホアキンはそのタイトルロールを演じることになる。撮影は9月にニューヨークで始まる予定で、『ウォー・ドッグス』のトッド・フィリップスがメガホンを取るほか、『8 Mile』のスコット・シルヴァーと共同で脚本を執筆するという。ワーナーによると、他のスーパーヒーローに比べてはるかにダークな作風になるというこの新作は、ジョーカーというキャラクターを掘り下げるだけでなく、より広い教訓的な社会的に疎外された男の物語になるそうだ。公開日についてはまだ未定だが、5500万ドル(約61憶円)と言われる予算を投じて、早ければ2019年の公開を目指して製作が進められる方向だ。一方で、ワーナーはジャレッド・レトが『スーサイド・スクワッド』で演じたジョーカー主役の映画を企画していると言われているほか、ジョーカーとマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインを主役にしたスピンオフ作の製作がすでに発表されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック