『ラブ&タグ』、スカーレット・ヨハンソンの降板により製作中止か?

2018.07.20

スカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソンの降板を受け、『ラブ&タグ』の企画が中止になる可能性があると報じられている。同作で女性として生まれながらも男性として生活し、裏世界とのつながりを持つマッサージパーラーの経営者ダンテ・ジル役を演じる予定だったスカーレットだが、LGBTコミュニティーからトランスジェンダーの役者が演じるべきだと批判を浴びたことで降板していた。また、スカーレットは自身のジーズ・ピクチャーズを通して製作にも携わる予定だったが、現在、同作に引き続き関与するのかどうかは不明だ。スカーレットは今回の降板について、今回の一件でトランスジェンダーのコミュニティーに関する多くのことを学んだとし、自分のキャスティングが無神経であったと気づいたとコメントしていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック