アンジェリーナ・ジョリー、新作映画で製作兼主演

2018.09.21

アンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリーが新作映画『The Kept』に主演と製作で携わるようだ。ジェームズ・スコットの同名小説を映画化するこの新作は、ニューヨークの農場に襲い掛かる3人組の殺人鬼の物語。アンジェリーナは同地に戻ってきたエルスぺス・ハウェルという助産婦を演じるそうで、脚本は『レディ・マクベス』のアリス・バーチが執筆する。アンジェリーナは最近、『マレフィセント』続編の撮影を終えたところで、現在はデヴィッド・オイェロウォとの共演作『Come Away』の撮影に取り掛かっている。そんなアンジェリーナは最近、女優業と人道支援の活動とをうまく両立させることを心がけているとの意向を明かしていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック