『女王陛下のお気に入り』、英国アカデミー賞で最多ノミネート

2019.01.11

オリヴィア・コールマン『女王陛下のお気に入り』が英国アカデミー賞の12部門にノミネートされた。来月15日に日本での公開を控える同作は、『ブラック・クランズマン』『グリーンブック』『ROMA/ローマ』『アリー/ スター誕生』と共に作品賞の候補に選出されたのをはじめ、ヨルゴス・ランティモスの監督賞、『Beast』『ボヘミアン・ラプソディ』『McQueen』『Stan & Ollie』『ビューティフル・デイ』らとノミネートされた英国作品賞や脚本賞、撮影賞、編集賞、プロダクションデザイン賞、衣裳デザイン賞、メイクアップ賞などタイトルレースを席巻している。また先日、ゴールデン・グローブ賞でコメディ/ミュージカル部門の女優賞を受賞したばかりのオリヴィア・コールマンが主演女優賞に、共演者のレイチェル・ワイズとエマ・ストーンがそれぞれ助演女優賞にノミネートを果たしている。来月10月にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催される授賞式では、ジョアンナ・ラムレイが司会を務める予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック