チャドウィック・ボーズマン、スパイク・リー監督作に出演へ

2019.02.15

チャドウィック・ボーズマンチャドウィック・ボーズマンがスパイク・リー監督作『Da 5 Bloods』に出演する。昨年マーベルのヒット作『ブラックパンサー』に主演し、一躍大スターの仲間入りを果たしたチャドウィックが、今度はネットフリックス製作の同作でリーとタッグを組む。チャドウィックの役回りは不明なものの、失った純真さを探し、壊れた自己を取り戻そうとジャングルに舞い戻ったベトナム帰還兵らの物語になるようで、『マルコムX』などリー作品に出演したことがあるデルロイ・リンドーやジャン・レノらも出演する。リーは1986年にメガホンを取った『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』のネットフリックス版に原作と制作で携わっているものの、本作が自身にとって初のネットフリックス映画作品となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック