ポール・フェイグ、新作コメディ映画を製作へ

2019.02.15

ポール・フェイグリブート版『ゴースト・バスターズ』の監督で知られるポール・フェイグが新作コメディ映画『False Alarm』を製作する。ポールは、ユニバーサル・ピクチャーズで企画が進行している同作にディラン・クラークやサム・エスメイルらと共に携わる。HBOの『シリコンバレー』やショータイムの『ブラック・マンデー』、『フィラデルフィアは今日も晴れ』に携わったロブ・ターボヴスキーとマテオ・ボルゲーゼが脚本を執筆する。一方、エミリア・クラークやヘンリー・ゴールディングなどが出演するユニバーサルのラブコメ映画『ラスト・クリスマス』の撮影に現在携わっているフェイグは以前、2016年にメガホンを取り主人公を全員女性に変更したリブート版『ゴーストバスターズ』の続編製作を熱望していることを明かしていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック