『ワンダーウーマン 1984』、前作の続編ではない?

2019.03.20

ガル・ガドット『ワンダーウーマン 1984』の製作陣は、同作を前作の続編という位置付けで考えていないようだ。ガル・ガドットが主演した2017年作『ワンダーウーマン』に続く同作だが、製作のチャールズ・ローヴェンは、パティ・ジェンキンス監督がこの新作を続編という扱いではなく、ワンダーウーマンにとってあくまで次のバージョンだと捉えているだけだと説明している。前作と同様の感情的な場面やユーモアさ、勇敢さは取り入れられるものの、異なる時代で、ダイアナが何をしていたのかが分かるような映画に仕上げられているようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック