新作『ザ・バットマン』、舞台は90年代!?

2019.03.22

マット・リーヴスマット・リーヴス監督による新作映画『ザ・バットマン』は1990年代が舞台になるという。バットマンの初期を描くことになるようで、ワーナー・ブラザースは若かりし頃のバットマンやゴードン総監、アルフレッド・ペニーワース役のキャスティングに向けて動きだしたところだという。リーヴスはいまだに脚本に取り掛かっているところだというものの、本作ではバットマンが探偵能力を駆使してメインの悪役であるペンギンに立ち向かう姿が描かれることになりそうだ。これまでDCエクステンデッド・ユニバースでバットマンを演じてきたベン・アフレックの降板が発表された後、公開日は2021年6月25日を予定していることが明かされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック