キアヌ・リーブス、フォックス社のブラックリスト入りしていた!?

2019.04.18

キアヌ・リーブスキアヌ・リーブス(54)は14年間もフォックス社のブラックリストに入れられていたという。キアヌによると、カナダのウィニペグで上演された舞台『ハムレット』に出演するため、出世作となった1994年作『スピード』の続編出演を断ったことでフォックス製作映画の出演機会を与えられなくなったという。2008年公開作『地球が静止する日』で同社の作品に再度出演するまで、「映画界での牢獄」に入れられたような気分だったとキアヌは振り返っている。『スピード2』は結局、1作目でヒロイン役を演じていたサンドラ・ブロックが主役を務める形で1997年に公開されている。そんなキアヌは大ヒットシリーズ「ジョン・ウィック」の第3弾が来月から海外で公開となるところだが、要望がある限りはこれからもそのシリーズを続けるつもりだそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック