ブリトニー・スピアーズ、成年後見制度を調査へ

2019.05.18

ブリトニー・スピアーズブリトニー・スピアーズの成年後見制度について、裁判所が調査を命じた。過去11年に渡り成年後見人となっている父ジェイミーにより、自身の意思に反してメンタルヘルス施設に強制的に入所させられたと先週法廷で訴えたブリトニーは、同制度から解放を目指している。本件を担当する判事は今回、ブリトニーを管理するこの保護監督権に変更の必要があるかを見定めるため、成年後見制度に関与している全ての人への調査を命じた。判事は遺言検認裁判所の調査官に本事案に関して綿密に調査することを指示し、9月に予定されているブリトニーの審問までに報告書が提出される見込みのようだ。そんな渦中の中心にいるブリトニーは最近、薬の服用を含め、メンタルヘルス施設への入所は父ジェイミーに強制されたものだったと主張していた。ソーシャルメディアではブリトニーの解放を求める「#FreeBritney」のキャンペーンが行われているほか、審問が行われたロサンゼルスの裁判所の外ではこのスローガンをポスターにし、抗議する人々が多数集まっていたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック