セバスチャン・スタンとエドガー・ラミレスが共演へ

2019.05.19

セバスチャン・スタンセバスチャン・スタンとエドガー・ラミレスが新作映画『355』のキャスト陣に加わった。テレサ・レベックの脚本をもとにサイモン・キンバーグがメガホンを取る同作で、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のバッキー・バーンズ役でお馴染みのセバスチャンと『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』のジャンニ・ヴェルサーチ役で知られるエドガーは、ジェシカ・チャステインやペネロペ・クルス、ファン・ビンビンらと共演する。本作では、世界中を混乱に至らせる兵器など新たな脅威に際して、互いに協力するトップクラスのスパイを描く。また、タイトルの「355」という数字はアメリカ独立戦争におけるスパイの1人であり、今日まで正体不明な女性のコードネームが由来だそうだ。当初、マリオン・コティヤールの出演が予定されていたが、個人的な理由で本作を降板、出演者のジェシカは自身の製作会社フリークル・フィルムズを通して、ケリー・カーマイケルやキンバーグ、レベックらと共に製作も担う。撮影は今年7月のパリを皮切りに、ロンドンやモロッコで行われる予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック