スティーヴン・キング原作の映画版『死のロングウォーク』、監督が決定!

2019.05.24

スティーヴン・キングスティーヴン・キング原作の映画版『死のロングウォーク』の監督が決まった。1979年にリチャード・バックマンという別のペンネームで発表された同作の映像化に向けて、ノルウェーのドキュメンタリー映画『トロール・ハンター』で知られるアンドレ・ウーヴレダルがメガホンを取る。キングが大学1年の時に執筆したという原作では、全体主義的な軍事独裁が続く架空のアメリカを舞台に、ロングウォークという競技に挑む100人の少年たちを描いている。ウォーカーと呼ばれる競技者は、時速4マイル(約6.4キロ)以上のスピードで歩き続けなければならず、もし30秒間そのスピードを下回った場合、警告を受け、4回目になると同伴している兵士に射殺されることになる。そして優勝者には、残りの人生で欲しいものが賞品として与えられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック