ジェニファー・アニストン、ドラマ復帰の決め手はリース・ウィザースプーンの説得

2019.10.16

ジェニファー・アニストンジェニファー・アニストンは、リース・ウィザースプーンの説得によりテレビ番組への復帰を決めたそうだ。新番組『The Morning Show』で2004年に終了を迎えた『フレンズ』以来初となるドラマ復帰を果たすジェニファーだが、その決め手となったのが共演者であるリースであったと明かした。この新番組でジェニファーは、朝のニュース番組のキャスター、アレックス・レヴィーを演じる。スティーヴ・カレル演じる長年の共同司会者が性的不品行の疑いにより解雇された後、リース演じる年下の野心に満ちた地元ジャーナリストが後任に就いたことで事態が大きく変わる。私生活でも親しい友人である2人は、その信頼感が撮影でも助けになったようで、リースは緊張感漂うシーンの撮影もすごくやり易かったと話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック