ベン・アフレック、新作スリラーで刑事役へ

2019.11.12

ベン・アフレックベン・アフレックがロバート・ロドリゲス監督の新作スリラー’Hypnotic』で刑事役を演じる。来年4月の製作開始が予定されている同作品で、数々の高額強奪事件の捜索を続ける傍ら、姿を消した娘の行方を追い、政府の秘密機関への対応にも迫られる刑事の姿を描く。ジェフ・ロビノフのスタジオ8とマーク・ジルのソルティス・スタジオの初共同プロジェクトである同作品の脚本は、『アリータ:バトル・エンジェル』のロドリゲスがマックス・ボレンスタインと共同執筆し、予算は6000万ドルから8000万ドル(約65億円から85億円)と言われている。ロビノフは以前にも、ベンが主演した2012年作品『アルゴ』や2010年作品『ザ・タウン』でベンとタッグを組んできた。そんなベンは、ほかの役も続々と発表されており多忙を極めているようで、最近では竜巻を描いた映画『Falling to Earth』『Ghost Army』も予定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック