「死霊館」シリーズ第3弾の原題が決定!

2019.12.11

パトリック・ウィルソン人気ホラー映画シリーズ「死霊館」第3弾の原題が『ザ・デビル・メイド・ミー・ドゥー・イット』に決定した。配給のワーナー・ブラザースはそのタイトルと同時に、2020年9月公開になることをオフィシャルツイッターで発表している。パトリック・ウィルソンとヴェラ・ファーミガが引き続きエドとロレインのウォーレン夫妻を演じていることになっており、パトリックは先日、この新作がこれまでのシリーズ作と異なった雰囲気になっていると明かしていた。一方で「死霊館」シリーズの製作陣は、また別のホラーシリーズを手掛けることが見込まれている。脚本家のチャド、ケイリー・ヘイズの兄弟コンビは、ニューオーリンズにある幽霊屋敷として有名なラローリーの自宅跡を取り巻くストーリーを書き上げている。1800年代初頭に奴隷を拷問していたことで知られる社交家のマダム・ローリーの自宅であったその建物は、1932年以来、一般人の立ち入りが禁止されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック