オスカー・アイザック、コミックを原作にした映画に主演へ

2020.01.22

オスカー・アイザックオスカー・アイザックが新作『The Great Machine』で主演兼製作を担うという。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のポー・ダメロン役でも知られるオスカーは、自身のマネージャーであるジェイソン・スパイアとタッグを組み、ブライアン・K・ヴォーンのコミックシリーズ『エクス・マキナ』が原作の同作品をレジェンダリー・エンターテイメントのもと製作する予定だという。オスカーはニューヨークで起こった同時多発テロ事件事件を受けて同市の市長となる元スーパーヒーロー、ミッチェル・ハンドレッド役を演じる。2004年に開始した同コミックをもとにした本作の脚本は、アナ・ウォーターハウスとジョー・シュラプネルが執筆する。レジェンダリーは2014年にオスカーも出演した同名の映画が公開されていることから題名を『エクス・マキナ』から、ハンドレッドのスーパーヒーロー時代の名前である『ザ・グレート・マシーン』に変更したようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック