アンディ・サーキス、英国アカデミー賞功労賞を受賞へ

2020.01.28

アンディ・サーキスアンディ・サーキス(55)に、英国アカデミー賞功労賞が贈られる。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズや『ザ・ホビット 思いがけない冒険』のゴラム役、またリブート版「猿の惑星」シリーズのシーザー役などで知られるアンディは、来月2日に開かれる式典で、英国映画テレビ芸術アカデミーにおける最高栄誉の1つである同賞を受け取る。アンディは、自身が2011年に設立した会社ザ・イマジナリウムを通して、モーションキャプチャーの技術を駆使したデジタルキャラクターが登場する作品の数々で高い評価を得ており、またそれを発展させたパフォーマンスキャプチャーの先駆者でもある。同技術により「スター・ウォーズ」やマーベル作品シリーズで、これまでスクリーンの上での実現が不可能だったアイコニックなキャラクター達に命を吹き込んできたアンディは、今回の受賞は非常に名誉なことで感激しているとコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック