ホアキン・フェニックス、次回主演作が決定!

2020.02.17

ホアキン・フェニックス『ジョーカー』で賞レースを座巻したホアキン・フェニックスの次回主演作が決定した。バットマンの天敵として知られるジョーカーの誕生秘話を描いた同作でのアーサー・フレック役により、アカデミー主演男優賞を受賞したことも記憶に新しいホアキンが、『20センチュリー・ウーマン』『人生はビギナーズ』のマイク・ミルズが脚本と監督を務めるタイトル未定作に出演することになったという。ホアキンはませた甥っ子の面倒をする羽目になったアーティストという役どころで、旅路の中で2人の間に思わぬ絆が育まれる姿が描かれるようだ。作中では、その少年の父親が双極性障害を患っている設定となっており、精神病についても取り上げられると言われている。出演者にはギャビー・ホフマン、ウディ・ノーマン、ケネス・ブライアンらの名が並んでおり、最近ニューオーリンズでクランクアップを迎えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック