サミュエル・L・ジャクソン、新作で引退したヒットマン役に

2020.02.18

サミュエル・L・ジャクソンサミュエル・L・ジャクソンが、新作映画で元ヒットマン役を演じる。サミュエルが主演するタイトル未定の同作品では、『フォーカス』『アメリカン・レポーター』などで知られるジョン・レクアとグレン・フィカーラの監督コンビがメガホンをとるという。同作品でサミュエルが演じるモリス・ストークスは、現在は足を洗っているものの、かつてはギャングのボス、イージー・Aに信用されたヒットマンだった。しかし、甥が間違いを犯したことから、モリスは失くした金を取り戻そうとする甥を助けるか、甥を射殺するかの選択を迫られる。脚本は、サミュエルが主演した2008年作品『ソウルメン』を共同執筆したマシュー・ストーンが担うほか、「プレデター」シリーズや『アイ,ロボット』で知られるジョン・デイヴィスが製作を手掛ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック