オークワフィナ、新作でギャンブラー役に

2020.02.18

オークワフィナ『フェアウェル』、『ジュマンジ/ネクスト・レベル』で知られるオークワフィナが、カジノを舞台にした映画『The Baccarat Machine』に主演する。『クレイジー・リッチ!』などで知られるオークワフィナは、実在の有名ギャンブラー、ケリーを演じる。ケリーは伝説的ポーカープレイヤーのフィル・アイヴィーと組んで、エッジソーティングという方法を使いバカラで大金を稼ぐことで知られている。同作品は、シガー・アフィシオナード誌に掲載されたマイケル・カプランによる『ザ・バカラ・マシーン』という記事をもとに製作され、若い中国人女性が根気よくバカラの腕を磨き、国際的に知られる「ポーカー王」アイヴィーとタッグを組んでカジノに挑む姿を描く。主要カジノ各店が入店を阻止する陰謀を企むほどカジノ泣かせ2人は、お互いの独創性を用いた合法的な方法でカジノにおける史上最高の記録を打ち立てたギャンブラーの内に数えられている。SKグローバルが同作品の資金の提供、そして製作を担う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック