トム・ホランド、映画版『アンチャーテッド』の脚本は傑作

2020.02.19

トム・ホランドトム・ホランドによると、映画版『アンチャーテッド』の脚本はこれまで目にした中でも最高レベルの傑作なのだそうだ。同名人気ゲームの映画化となる本作で、主役のネイサン・ドレイク役を演じるトムは、その脚本の出来栄えに驚かされたそうだ。マーベル・シネマティック・ユニバースのスパイダーマン役でおなじみのトムは最近読んだ脚本の最新版の草稿は、これまで目にした中でも最高の脚本だと自信を見せた。またこの新作は、自身が演じるキャラクターの起源を辿る作品になり、ゲームの中では描かれていないストーリーとなるため、ゲームをやったことがある人もない人も楽しめる内容になっていると明かしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック