デクスター・フレッチャー、『セイント』のリブート版を監督へ

2020.02.21

デクスター・フレッチャーデクスター・フレッチャー(54)が『セイント』のリブート版作品の監督を担う。『ロケットマン』で好評を得たフレッチャー監督は、1920年代に出版されたレスリー・チャーテリスの小説シリーズを原作とした1997年のアクションスリラー映画『セイント』のリブート版のメガホンをとる。ヴァル・キルマーが、貧しいものの味方であるロビンフッド的雇われ泥棒の「セイント」ことサイモン・テンペラー役を演じたオリジナル作品はシリーズ化にはならなかったが、今回パラマウントはリブート版がオリジナル作品以上の成功を収めることを願っているという。新作では、セス・グレアム=スミスが脚本を、またロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラやブラッド・クレヴォイらが製作を担う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック