リーアム・ニーソン、『Ordinary Love』出演のきっかけはU2のボノ!?

2020.02.26

リーアム・ニーソンリーアム・ニーソンが『Ordinary Love』に出演することになった背景には、U2のボノの活躍があったようだ。レスリー・マンヴィルと共演の同ロマンチックドラマで主演を務めているリーアムは、そのきっかけがボノであったことを明かした。ボノとは友人であるというリーアムは、同作のプロデューサーとも友人であるボノがその脚本を読んで、とても気に入ったことから連絡を受けたのだという。実際に脚本を読んでみたところ、ボノの言う通りとても良い内容であったため、出演したいと思うようになり、共演がレスリーであると聞いてなおさら乗り気になったと明かしている。リーアムにとって本作がレスリーと初共演となるが、現場での2人は互いに舞台やテレビ、映画などで長年の経験を持つ人間としての信頼関係の元、自然と波長があったそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック