『ワンダーウーマン 1984』、全米公開延期へ

2020.03.27

ガル・ガドット扮するワンダーウーマン『ワンダーウーマン 1984』が新型コロナウイルスのパンデミックを受けて公開延期となった。ガル・ガドットがタイトルロールを演じるDCコミックのヒット映画『ワンダーウーマン』の続編である本作は、日本では6月12日に公開が予定されているが、感染拡大の現状により、全米公開日を8月14日にするとワーナー・ブラザースが発表した。製作決定の段階から、映画館での上映を念頭に置いていたとして、延期になっても劇場公開するという決定に至ったようだ。同社はまた、リン=マニュエル・ミランダによるミュージカルの映画化作品『イン・ザ・ハイツ』の無期限公開延期を発表しているほか、アニメ作品『弱虫スクービーの冒険』、ジェームズ・ワンによるスリラー作品『マリグナント』の公開保留を発表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック