『ミニオンズ フィーバー』、全米公開が来年7月に延期

2020.04.04

グルー役のスティーヴ・カレル『ミニオンズ フィーバー』の全米公開が、新型コロナウイルス感染拡大を受けて2021年7月に延期された。スティーヴ・カレルがグルーの声で出演する同作品の製作会社イルミネーションは先月、今年7月に予定されていた公開を延期すると発表しており、今回その新たな日程が発表されたかたちだ。このことにより、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、タロン・エガ―トン、マシュー・マコノヒーらが声優を務める『SING/シング』続編の公開枠を『ミニオンズ フィーバー』が引き継ぎ、『SING/シング』続編の公開が同年12月22日に延期されたことになる。先月、同社の創設者クリス・メレダンドリCEOは声明の中で、フランス全土でウイルス感染拡大阻止を目的に外出制限が出ており、自社のパリのオフィスも閉鎖中であることを公開延期の理由に挙げていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック