アクタン・アリム・クバト監督『馬を放つ』予告編解禁!

2018.01.05

0105_003

 
キルギスが世界に誇る名匠アクタン・アリム・ ク バト監督の最新作『馬を放つ』が 2018 年3月 17 日(土)より、岩波ホールほか全国順次公開となる。本作の予告編が解禁となった。

 
美しき伝説が消えゆく時、馬は放たれる――。 未来へ希望を託す、現代の寓話。中央アジアの美しい国、キルギス。妻、幼い息子と3人で慎ましく暮らす男は、村人たちから“ケンタウロス”と呼ばれていた。そんな彼には誰にも打ち明けていない秘密があった――。豊かな大地を馬で駆け、自然の恵みを受けてきたキルギスの民。遊牧民を祖先にもつ彼らの間には、馬と人間を結び付け、村人たちを団結させてきた伝説が息づいていた。しかし、時は流れ、暮らしは変わり、人々の記憶から伝説は消えようとしていた。そんな伝説をある理由から強く信じているケンタウロスは、夜な夜な厩舎に忍び込み、馬を盗んでは野に放っていた。次第に村では馬泥棒の存在が問題になり、犯人を捕まえる為に罠が仕掛けられるが…。

 
現代を生きる我々が手に入れ、そして失ってしまったものとは何なのか。『馬を放つ』は、純粋なひとりの男の姿を通して、未来へ向けて普遍的メッセージを投げかける。本作は、第 67 回ベルリン国際映画祭 パノラマ部門国際アートシネマ連盟賞など数々の賞に輝いている、アクタン・アリム・クバト監督の最新作だ。

 

解禁となった予告編は、物語の壮大な展開を予感させる音楽と共に、凛々しい馬たちが大河を渡るダイナミックなシ ーンから始まり、一気にその世界観に惹きつけられる。そして“シルクロード”の拠点として栄えたキルギスの広大な大地、そびえ立つ山々、そして村人たちが纏う異国情緒溢れる民族衣装など…監督がこだわった映像美が次々に映し出される。また、心優しい主人公“ケンタウロス”が息子に馬の伝説を語るシーンからは、遊牧民だった人々と馬との深い関係性を感じさせる。 そして、主人公を演じるクバト監督が挑んだ圧巻の乗馬シーンの一端も垣間見える。「牧歌的で異国情緒溢れる唯一無二の美しい映像。これは、どの世界にも通じる普遍的な物語だ」と絶賛の海外評のように、美しい印象的な予告編となった。

 
さらに、「西の魔女が死んだ」などで知られる作家の梨木香歩からの絶賛コメントも到着!一足先に鑑賞した本作について 熱い言葉が寄せられた。

 
【梨木香歩(作家)コメント】
村人が馬を操るシーンの全てに目が釘付けになる。文字通りのケンタウロス。
天と大地と人が馬によって一体化するような疾走は、民族の魂の叫びのようだ

 

映画『馬を放つ』予告編
https://youtu.be/3ZC5lFo2OUM

馬を放つ

公開日2018年3月17日(土)より
劇場岩波ホールほか全国にて順次公開
配給ターズ・エンド
公式HPhttp://www.bitters.co.jp/uma_hanatsu/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック