関ジャニ∞、UVERworldのMVも手掛ける国際派・中村哲平監督が、芥川賞作家・中村文則の小説の世界観を完全映像化『悪と仮面のルール』豪華キャスト陣が中村監督との撮影を振り返る特別映像解禁

2018.01.11

0111_002

 
2018年1月13日(土)から公開することになりました、映画『悪と仮面のルール』。日本国内のみならず、アメリカをはじめとした海外でも注目を集め、ウォール・ストリート・ジャーナルで「ベストミステリー10小説」に選出された芥川賞作家・中村文則の原作が、関ジャニ∞や福山雅治らのミュージックビデオやCMを数多く手掛けてきた新鋭・中村哲平監督によって、ついに映画化。

 
“悪”となるために創られた男・久喜文宏を演じるのは、映画、舞台など幅広いジャンルで活躍する玉木宏。そのほか、新木優子、吉沢亮、中村達也、光石研、村井國夫、柄本明ら実力派キャストが集結。原作の世界観を忠実に描きながら、“最後は泣ける”サスペンスが完成した。

 
本作を監督した中村哲平は、ロサンゼルスの大学で映画演出を学んだ後、関ジャニ∞やUVERworldなどの映像作品を手掛けるほか、福山雅治出演アサヒスーパードライのCMを担当。また、『アルマゲドン』、『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイ監督、『レッドクリフ』シリーズや『M:I-2』のジョン・ウー監督と共にCM制作を行うなど、国際的に活躍している人物。

 
この度、本編映像と、メイキング映像、さらに主演の玉木宏やヒロインの新木優子、吉沢亮ら豪華キャストが中村監督との撮影について語る特別映像が完成した。

 
中村監督は、原作の世界観や描写をそのまま映像にしたいと考え、小説に登場する重要なセリフを盛り込むことを提案。撮影前にはリハーサルを入念に行い、俳優たちと一緒に登場人物のキャラクターを作り込むことに時間を掛けた。このように登場人物の感情を丁寧に表現することを優先する演出を、主演の玉木宏は「気持ちの流れを重視してくれる」「背中を押してくれているような気持ちになれた」と語る。

 
さらにロケ地や小道具にも徹底的にこだわり、映像の美しさのみならず、原作の持つ“空気感”までもをスクリーンに描き出そうと試行錯誤を重ね、本作を作り上げた。

 
新木優子と吉沢亮は、「映像の綺麗さ、ワンシーンワンシーンがすごく魅力的な映画。」(新木)、「画のかっこよさに現場の時から感動してて、すごいかっこいいお洒落な画がいっぱいあって。それだけで観る価値がある。」(吉沢)と語っている。

 
『悪と仮面のルール』中村哲平監督
https://youtu.be/82aKcqQqGp4

悪と仮面のルール

公開日2018年1月13日より
劇場全国にて
配給ファントム・フィルム
公式HPhttp://akutokamen.com/

(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック