『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』史枝の家出で窮地に立たされる平田家 残された家族の考えるとんでもない打開策とは?!

2018.04.19

0419_002

 

映画界の巨匠・山田洋次監督が国民的映画「男はつらいよ」シリーズ終了から20年の時を経て作り上げた、ファン待望の喜劇映画「家族はつらいよ」。シリーズ第三弾『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』が5月25日(金)に公開となる。

 
最新作のテーマは、【主婦への讃歌】。三世代が同居する一家(平田家)の家事を担ってきた主婦・史枝(夏川結衣)が家出をすることで、家族の暮らしが崩壊してゆく様をユーモラスに描いいる。笑って、泣いて、しみじみと胸を打つ作品となっている。

 
シリーズ恒例、平田家の家族会議シーンの場面写真を公開となった。なにかと騒動が起こる平田家。その度に家族全員が揃って、“家族会議”を行うのが恒例ですが、今回解禁されたシーンではなぜか幸之助(西村まさ彦)と史枝(夏川結衣)の夫婦二人が不在!?史枝が家出をし、取り残された一行はてんやわんやの大騒ぎ。どうにかその打開策を思案する。

 

「憲子(蒼井優)に家族の面倒を見てもらう!」、「周造(橋爪功)と富子(吉行和子)は老人ホームへ!?」 さらには「家を売って都心のマンションを買う!」など、突拍子もない提案が次々に。ああでもない、こうでもないとそれぞれの想いや事情を包み隠さず話し合う中に、山田監督の細かく計算された笑いの演出が随所にちりばめられ、今回もテンポよく進んでいく。

 

シリーズを重ねるごとにより見事な掛け合いを見せる“家族会議”はまさに必見。このシーンの撮影現場で「つまりここは、この映画のテーマみたいなことなんです」と語った山田監督。笑って見ていたかと思うと、妻のありがたみを痛感し、家族のひび割れを回復させようとする平田家の言動に、いつの間にかしみじみ泣けて励まさていく―、そんな名場面となった。

 

妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII

公開日2018年5月25日より
劇場全国にて
配給松竹
公式HPhttp://kazoku-tsuraiyo.jp/

(C)2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック