東武百貨店 池袋店にて開催中の「ねこ展」に、山本涼介が登壇!撮影時のエピソードや猫の魅力を語る!10/13(土)ねこ展イベント『旅猫リポート』

2018.10.15

日時:10月13日(土)
場所:東武百貨店 池袋店 8F 催事場
登壇者:山本涼介

 

1015_002

 
「図書館戦争」「植物図鑑」などで知られる有川浩作品の中でも評価が1、2を争うほど高い「旅猫リポート」が待望の実写映画化!1人の青年と1匹の猫が新しい飼い主を探す旅物語に描かれる、人間同士の関係を超えた2人の絆に、猫好きの人のみならず、多くの人の心をとらえ、涙なくしては読めないという評判の感動作だ。映画公開を近くに控え、悟(福士蒼汰)の小学生時代の友人・澤田幸介役を演じた山本涼介が東武百貨店 池袋店にて開催中の「ねこ展」にてトークショーを行った。自身も大の猫好きであり、本作への出演が決まった際の気持ちや撮影時のエピソードなど、ここでしか聞けないエピソードが語られた。

 
山本涼介(以下:山本)がステージへ登場すると、会場からは歓声が上がり、集まったお客様へ「今日は、ちょっとでも猫ちゃんのことを知ってもらえたらいいなと思います。宜しくお願いします。」と、挨拶。まず、本作へのオファーがあった際はどのような気持ちだったかという質問に対し「原作を読んだことがなかったので、どういう話なんだろうと思い原作を読ませていただいたのですが、もう涙が止まらなくて、猫ちゃんを飼っていたので感情移入しましたし、この作品を色んな人に観てもらえるように、そして作品の歯車になれるように頑張ろうという気持ちになりました。」と、当初の気持ちを語った。

 
そして、自身が演じた澤田幸介という人物については「僕がまだ21歳(現在は23歳)の時に撮影をしていたんですが、幸介は既婚者で奥さんに逃げられている役で(会場笑い)。まったく体験したことがない設定だったので、全てをイメージで役作りをしないといけなかったので大変でした。(幸介は)お父さんが一番で自分の意見が言えないような家庭で育って、大人になってからも気の弱いままで、ずっとヘラヘラしていて…。そういう部分は特に意識して演じました。」と、自身が演じた人物について語った。

 
自身が演じた役に共感できる点については「僕も飄々としがちなので、そこは通ずるものがあるなと思いました(笑)」と語ると会場から笑いが。続いて、撮影時の他キャストとのエピソードについて聞かれると「蒼汰君は事務所も同じで仲良くさせてもらっているので、空き時間はずっと話してました。スタッフさんとも話しやすい空気を作ってくれて、とても助けてもらいました。」と、主演で先輩の福士蒼汰の存在感を語り、「竹内結子さんは一度共演したことがあったので全然人見知りせずに話せたんですけど、広瀬さん、大野君とは思いっきり人見知りしてしまって最初はなかなか話せなかったんです(笑)」と、当時のエピソードを暴露。

 
また、主演猫のナナはセルカークレックスという種類の猫で「撮影時に初めてこういう種類の猫がいるんだというのを知りました。家で飼っていた猫がメインクーンっていう種類で、すごく色合いが似てました。出会った瞬間、すぐに心惹かれました。」と、ナナと自身が飼っていた猫についても語り、猫の一番の魅力を聞かれると「疲れてたり落ち込んでる時にスッと横にきてくれて、 横にいたらいいんだろ?みたいに一緒にいてくれるところがすごく好きで、普段は近くにこないくせにそういう時に限ってきてくれるツンデレみたいな所が猫の一番の魅力だと思います。」と、猫の魅力について語り、「小学生の時に家に帰ったらパソコンの箱があって、開けてみたら猫ちゃんが出てきたんです!」と、自身が飼っていた猫との出会いを披露すると会場からは驚きの声が。

 
そして、ナナの声を演じた高畑さんについては「気張りすぎない感じが本当に猫の発する声のようで、猫好きや動物好きな方にとっては、わかるなぁ!と思いながら観てもらえるかなと思います。」と、本作のナナの見所も語った。最後に、「本作は、人と人のつながりであったり、人と動物の絆というのをとても感じることのできる作品ですし、観終わった後にあたたかい気持ちになれる作品です。是非、ハンカチを持って劇場で観てもらえたらなと思っています。今日はありがとうございました!」と、お客様へメッセージが語られ、大盛況のままイベントは幕を閉じた。

『旅猫リポート』

公開日2018年10月26日より
劇場全国にて
配給松竹
公式HPhttp://tabineko-movie.jp/

(C)2018「旅猫リポート」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック