『search/サーチ』“デジタルミステリーと呼べる作品”主演:ジョン・チョー 特別インタビュー映像解禁

2018.10.18

1018_004

 

忽然と姿を消した 16 歳の女子高生マーゴット。行方不明事件として捜査が始まる。家出なのか、誘拐なのかわからないまま 37 時間が経過。娘の無事を信じる父デビッド(ジョン・チョー)は、彼女の PC にログインし SNS にアクセスを試みる。インスタグラム、フェイスブック、ツイッター・・・。そこに映し出されたのは、いつも明るく活発だったはずのマーゴットとはまるで別人の、自分の知らない娘の姿があったーー。サンダンス映画祭 2018 で観客賞を受賞、100%全て PC 画面の映像で展開するサスペンススリラー『search/サーチ』が 2018 年 10 月 26 日(金)に全国公開決定!この度、PC を駆使して行方不明の娘を探す父デビットを演じる「スター・トレック」シリーズのスールー役でもおなじみ、ジョン・チョーの特別インタビュー映像が到着した。

 

今回の演技で挑戦したことに聞かれると「ウェブ用のカメラを使った撮影だから、空間をどう考えるかがポイントになった。カメラに写る範囲を小さな劇場としてとらえ、どんなステージにするか悩みながら撮ったんだ」と、100%PC 上ですべてのストーリーが進むという、ジョン・チョー自身も初めて挑戦する本作の革新的な映像表現方法に対して、試行錯誤しながらも楽しんで撮影に取り組んだことを伝える。

 
本作で⻑編監督デビューとなるアニーシャ監督については「各種デバイスを使って、(使う人間が)文章を打つ時間も正確に再現されている」「人が応答する時間なども現実に近い」などその徹底したこだわりを絶賛。同時に、監督は観客に「我々はどこまで自分のデバイスを理解し、子どもたちはそれを使って何をしている?」と問いかけているんだと述べ「電子の世界に我々が残す痕跡とは?デジタルミステリーと呼べる作品だね」とこの作品への想いを語る。

 
最後に「たとえば 50 年前のミステリーなら娘写真を持って『この子を見たか?』と尋ね回るんだ。今ならまずネット検索さ」と、昔との映像表現手法の違いを感慨深く述べ、現代だからこそ生まれた新時代のミステリー・サスペンスである本作についての見所を、熟練俳優ならではの視点で語る。

 
映画『search/サーチ』ジョン・チョー インタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=v-9wlrDNykg

『search/サーチ』

公開日2018年10月26日より
劇場全国にて
配給ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HPhttp://www.search-movie.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック