阿部サダヲ「映画をご贔屓に!いっぱい拡散してください!!」映画『音量を上げろタコ!』大ヒット御礼舞台挨拶

2018.10.22

日時:10月21日(日)
場所:TOHOシネマズなんば スクリーン1
登壇者:阿部サダヲ、吉岡里帆、三木聡監督(敬称略)

 

1022_001

 
アスミック・エース配給にて、「時効警察」シリーズの三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)より全国公開中だ。全国公開を記念して、10月21日(日)、TOHOシネマズなんばにて公開記念舞台挨拶付上映会が実施された。

 
会場から拍手が沸き起こる中、主演の阿部サダヲ、ヒロインの吉岡里帆、三木聡監督が登壇し、まず初めに阿部サダヲから「阿部サダヲです。よろしくお願い致します。」とご挨拶。MCから「かなりあっさりしていますね!」とつっこまれ、「このあといっぱい話したいので!」とファンへの優しさを見せた。続けて吉岡里帆から「おはようございます。吉岡里帆です。よろしくお願いします。」と役さながらの小声でご挨拶され、会場から笑いが。三木監督は「映画を観ていただいてありがとうございます。よろしくお願い致します。」と挨拶した。

 
三木組へ初参加となった阿部と吉岡へMCから三木組の印象を聞かれると、阿部は「稽古やリハーサルを念入りにして作り込まれている。三木監督の世界ってこんな感じでできていくんだなと思いました。」と答えられ、続けて吉岡は「今回ギターと歌を撮影前から練習していて、音楽を準備するのは新鮮だったし、楽しかったです。」と準備期間を含め、撮影を振り返った。

 
MCより、監督に向けて映画を作るきっかけとなったことを問われると、「昔バンドをしていて、その時にロックバンドを題材とした映画を作りたいと思った。」と話し、「ロックを歌っている人が声が大きいのは、想いの強さだと知り、面白いと思った。」と答えた。

 
ここから観客からの質問を受け付けることに。ところが客席から吉岡にセリフのリクエストが!サウンドトラックのCDに収録されているセリフを言ってほしいということになり、質問者の名前を叫びながら、「勘違いは大事よ!大抵の事は勘違いでできている。このまま終わりじゃ、もったいない!!」と全力でファンのリクエストに応えていた。次に阿部へは、「パートを頑張れと罵ってほしい。」とリクエストがあり、戸惑いながらも、こちらも全力で「パート頑張れタコ!」と罵り、会場は笑いに包まれました。その後も観客からのリクエストは続き、質問コーナーのはずがリクエストタイムに。一同もさまざまな要求に対しテンションが上がっていた。

客席のボルテージも上がる中、観客向けのフォトセッションの時間が特別に設けられ、各々ポーズをとりながら、テンション爆上げのフォトセッションとなった。

 

最後に吉岡が「大阪の皆さんのおかげで楽しい時間となりました。また帰ってきたいです!その時は質問してください!」とご挨拶され、続いて阿部が「僕もパートとか大変な時期とかありましたけど、今こうやって主演として舞台に立っていて、是非映画をご贔屓にしていただければ。今日いっぱい写真撮ったと思うのでSNSで拡散してください!!」とご挨拶され、大盛り上がりの中、舞台挨拶は無事終了した。

 

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

公開日2018年10月12日より
劇場全国にて
配給アスミック・エース
公式HPhttp://onryoagero-tako.com/

(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック