アメリカ史上最強で最凶な副大統領(バイス)チェイニーの裏側を描く前代未聞、仰天の実話!『バイス』初日決定&日本語字幕付き海外版予告解禁

2019.01.07

0107_001

 

クリスチャン・ベール主演×アダム・マッケイ監督×ブラッド・ピット製作の『マネー・ショート 華麗なる大逆転』チームが再集結したアダム・マッケイ監督最新作『バイス』の公開初日が、4月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開されることが決定した。またこれに合わせて日本語字幕付き海外版予告も解禁に。ジョージ・W・ブッシュから副大統領のポジションを依頼されたチェイニーが「俺はできる仕事しか引き受けない。それは官僚対策、軍事問題、エネルギー問題、外交政策だけだ」と不敵な笑みを浮かべる姿がThe Killersの「The Man」のロックで軽快な音楽に乗せて映し出されている。

 
「バイス」:「副」、「代理補佐」の意味と同時に「悪」の意味を持つ―
本作は、ワイオミングの田舎の電気工から“事実上の大統領”に上り詰め、アメリカを自在に操り、アメリカ史上最も権力を持ったチェイニー副大統領の姿の前代未聞の裏側を描いた社会派エンターティメント!監督は『マネー・ショート』で、第88回アカデミー賞「脚色賞」を受賞、作品賞・監督賞・助演男優賞・編集賞・脚色賞の主要5部門にノミネートされ世界中からその手腕を認められたアダム・マッケイ。製作はプランBエンターテインメントが手掛け、代表であるブラッド・ピット本人がプロデュース。

 
出演に、チェイニー副大統領役には、業界引く手数多の実力派俳優で『ダークナイト』、『アメリカン・ハッスル』などで知られるクリスチャン・ベール、チェイニーの妻役には『アメリカン・ハッスル』、『メッセージ』のエイミー・アダムス、ラムズフェルド国防長官役に『フォックスキャッチャー』、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のスティーヴ・カレル、ブッシュ大統領役に『アイアンマン2』、『スリー・ビルボード』のサム・ロックウェルなどオスカー候補常連の超豪華キャストが大集結!

 
アダム・マッケイ監督が、「クリスチャン・ベール以外にこの役をできる人を思いつかなかったし、もし断られていたら、多分この映画を作ることはなかった。」と語るほどのラブコールを受けたクリスチャンが、アメリカを操り、成り上がっていった男ディック・チェイニーの20代から70代までを、体重を約20キロ激増し髪を剃り眉毛を脱色するなどの見た目だけでなく、演技の面でも完璧なアプローチで演じ、見事なまでにオスカー俳優の迫力を見せつける。

 
そしてアダム・マッケイ監督が『マネーショート』で光らせた型破りで自由自在な映像演出の手腕をさらにパワーアップさせ、観るものを魅了する! 12月27日(水)時点で、11の映画賞を受賞、71のノミネートを記録し、すでに今年度のアカデミー賞大本命として大きな注目を集めている本作。アダム・マッケイ監督が「トランプ大統領よりも悪だ」と語るアメリカを操った〝史上最凶の副大統領〟といわれたチェイニー副大統領をどう、描くのか。続報に期待だ。

 

【公式】『バイス』日本語字幕付き海外番予告 4月公開
https://youtu.be/CbYXHqWrB7A

『バイス』

公開日2019年4月5日より
劇場TOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて
配給ロングライド
公式HPhttp://longride.jp/vice/

(C) 2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック