『Diner ダイナー』天才シェフ/元殺し屋!藤原竜也史上“最狂”のクズキャラ 解禁!?

2019.03.14

0314_003

 
映像化不可能と言われた原作小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社「ポプラ文庫」)が、藤原竜也×蜷川実花の運命の初タッグで映画化!窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。最高にイカれた極彩美サスペンス映画『Diner ダイナー』が、7月5日(金)に公開となる。

 

主演は、幾多の超個性的なキャラクターを怪演し、その圧倒的な演技力と存在感で『デスノート』『カイジ』『僕だけがいない街』『22年目の告白-私が殺人犯です-』をはじめとする主演作を大ヒットに導いてきた、日本を代表する唯一無二の俳優:藤原竜也。一癖も二癖もある刺激的なキャラクターを演じ、観るものを魅了する藤原が今回演じるのは、殺し屋専用のダイナー<食堂>のオーナー、ボンベロ。店主も客も全員殺し屋、命がクズのように扱われる日本一イカれた場所で 今度はどんな怪演を見せるのか?監督は、写真家であり、『さくらん』(2007年)や、興行収入22億円を超え社会現象にもなった『ヘルタースケルター』(2012年)を手掛けてきた蜷川実花。3作目にして、初の男性主役作品となる。蜷川幸雄氏演出によって芸能界デビューを果たし“まな弟子”として数多くの作品に出演し続けてきた藤原との運命の初タッグが化学反応を引き起こし、本作を最高にイカれた極彩美サスペンスへと導く!

 

先日の特報解禁では「俺は、ここの、王だ!」のセリフで始まる藤原竜也演じるボンベロの圧倒的存在感にネット上で話題騒然!10~30代の男女を中心に大いに盛り上がり「ダイナーみたい!!!!これはみたい!!!」「いやもうこの映画は、ほんまめちゃくちゃに楽しみ7月とか待てん〜」「「ダイナー」、蜷川実花さんだから、映像が美しいな♡」などのポジティブなコメントであふれトレンド入り!期待の高さがうかがえる。そして今回解禁となった場面写真では、立ちすくむ少女の首に、鋭い眼光で包丁を突き立てているボンベロの姿が。ダイナーの“王”にふさわしいカリスマ性に包まれており、“食うか、消されるか”のダイナーの”極限まで張りつめた空気まで伝わってくるようだ。

 
蜷川実花が創り上げる異様な世界観の本作には、ダイナーを訪れる殺し屋たちとして豪華キャストの出演が解禁されているが、そのビジュアルや詳細は明らかになっておらず、期待が高まる。その殺し屋たちにボンベロはどんな料理をふるまうのか?そしていまだ隠されているオオバカナコは誰が演じるのか。本作の続報に期待

 

『Diner ダイナー』

公開日2019年7月5日より
劇場全国にて
配給ワーナー・ブラザース映画
公式HPhttp://wwws.warnerbros.co.jp/diner-movie/

(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック