『アメリカン・アニマルズ』犯罪史上最も大胆不敵な強盗事件“教科書”はあの映画だった!<映画を教科書に作戦を練る>本編一部シーン解禁

2019.04.18

0418_003

 

『アメリカン・アニマルズ』が5月17日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーとなる。本作は、2004年アメリカ トランシルヴァニア大学で実際に起きた事件を描いた、100%リアルクライムムービーだ。犯人は大学生4人組、狙うは図書館に保管された12憶円のヴィンテージ本。犯罪初心者の彼らは、往年の犯罪映画をお手本に強盗計画を企てていきます。何一つ不自由なく生活する4人を犯罪に駆り立てたものとは一体何だったのか?そして前代未聞の計画は成功することができるのか?

 
この衝撃の実話の映画化を手掛けたのは、ドキュメンタリー映画『The Imposter』で英国アカデミー賞最優秀デビュー賞を受賞し、長編ドラマとしては本作が初監督作品となるバート・レイトン。事件を起こした本人たちを劇中に登場させ、ドキュメンタリーとドラマのハイブリッドにスタイリッシュな映像と音楽を盛りこみ、センセーショナルな作品を誕生させた。この度、主人公たちが、“映画を教科書に”強盗計画を練るシーンを一部公開!

 

「ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー」「マッチスティック・メン」「ユージュアル・サスぺクツ」「ザ・ドライバー」「明日に向かって撃て!」「スティング」「男の争い」「レザボア・ドッグス」「華麗なる賭け」などのタイトルが参考書ならぬ参考映画として登場する中、キューブリック監督の「現金に体を張れ」を真剣に見入る主人公二人の姿が印象的だ。アーティスト志望のスペンサー(バリー・コーガン)が映画を参考に図面を起し、リーダー格のウォーレン(エヴァン・ピーターズ)が「現金に体を張れ」の主人公のセリフから強盗計画を練る様子が映し出される。

今回公開されるシーン以外にも「オーシャンズ11」や「レザボア・ドッグス」を真似するシーンも劇中には登場する。映画ファンであればだれもが一度は憧れる「映画みたいな強盗」を実際に起こしてしまったという主人公たち。果たしてこの前代未聞の強盗事件の結末やいかに!

 

『アメリカン・アニマルズ』本編映像
https://www.youtube.com/watch?v=Ml1ItZkQT-E

『アメリカン・アニマルズ』

公開日2019年5月17日より
劇場新宿武蔵野館、HTC渋谷ほか全国にて
配給ファントム・フィルム

(C) AI Film LLC/Channel Four Television Corporation/American Animal Pictures Limited 2018

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック