前田敦子、危険な回転遊具に4回挑戦で涙止まらず!!映画『旅のおわり世界のはじまり』 公開記念舞台挨拶

2019.06.17

日時:6月15日(土)
場所:テアトル新宿
登壇者:前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督

 

0617_003

 

国内外で圧倒的評価と人気を誇る映画監督・黒沢清による新作映画『旅のおわり世界のはじまり』が6月14日に全国公開された。翌15日には東京のテアトル新宿にて公開記念舞台挨拶が行われ、主演の前田敦子、共演の加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、そして黒沢清監督が参加した。“舞台で歌う”という夢への情熱を胸に秘めたテレビリポーター・葉子(前田敦子)が、番組のクルー(加瀬亮、染谷将太、柄本時生)と取材のためにウズベキスタンを訪れ、異国での様々な出会いによって成長していく。約1ヶ月間に及ぶウズベキスタンでのロケ撮影が行われた。

 
劇中に登場する、ウズベキスタンの遊園地ならではの“絶叫系回転遊具”の話題になると、前田は「ぜひ皆さんにも乗ってみてほしい!それが早いと思います」と観客に訴えて「私は4回も乗ってしまって…。大変なことになりました。私と同じ気持ちを共有してくれたのは加瀬さんだけ。ほかの皆さんは絶対に乗ってくれませんでした!」と恨み節。それに加瀬は「本番前のテストの段階で前田さんが乗ったときに、涙が止まらない様子の凄い顔をして降りてきた。僕はそれを見て『大げさだなぁ』と思ったけれど、いざ乗ってみると『もう十分!』という感じになった」と想像を絶する恐怖を振り返った。“ライド拒絶組”の染谷は「ディレクター役の僕が乗ってしまったら、その怖さや危険さに共感してしまう。役柄上、前田さんのことを可哀想だと思ったらダメなので、あえて乗りませんでした」と役作りの上での決断だときっぱり言い放ち、笑いを誘った。同じく柄本は「前田さんが乗っている様子を見て大変そうだと感じたので、それだけわかれば十分だと思った。…乗りたくはなかった!」とぶっちゃけた。

 
ウズベキスタンのロケでは、意外な人物がはるばる日本から遊びに来たという。それが加瀬の友人である青木崇高で、加瀬は「食事の誘いが来て『今ウズベキスタンだよ』と伝えたら『行きたい!』と。それで休みの日を教えたら…本当に来ました。3日くらい滞在したかな?時生も仲がいいので、一緒に食事をしました」と報告。柄本は「青木さんには加瀬さん伝いで、納豆とかお米とか各自が欲しいものをリクエストして持ってきてもらった。僕らはそれをどういう手法で持ってきてくれるのかを楽しみにしていた」と差し入れ裏話を披露した。

 
役作りについての話になると染谷は、ディレクター役ゆえに「僕は黒沢監督を観察して、カバンの背負い方を真似たりした。黒沢監督から『ウロウロして』とか演出をつけられたので、自然と無意識に似ていった感じがある」と回想。一方、黒沢監督から「妖精のような存在」との注文があったというAD役の柄本は「妖精を知らないのでどうすればいいのかと。皆の邪魔にならないことなのかな?と、そうすれば妖精っぽいのかな?と。特に意識せずに演じました」と照れ笑い。それに黒沢監督は「いや、見事妖精に成り切ってくれました!」と絶賛で「普段はいても目に見えないけれど、ここぞ!というときに出てきて放つ一言が決定的にみんなを動かしてくれた」と褒め称えていた。

 
映画公開のために来日したウズベキスタンの国民的スター、アディズは「映画を観ながら自分は日本人ではないか?という錯覚を覚えた」とジョークで「日本語を覚える時間をいただいて練習できたのはありがたいこと。撮影が進む中で通訳を介さずとも、黒沢監督が何を言っているのかわかった気がした。あと1年くらい撮影があれば、日本語を完璧に覚えることができたはず」とニッコリ。黒沢監督は「アディズさんにはとても感謝しています。彼と出会えたことは最大の幸運でした。日本語を知らない状態から彼の天才的な演技力によって、あそこまでの演技を見せてくれた。彼を日本に紹介できただけでも、この映画を作った価値がある」と感謝しきり。観客には「皆さんは生アディズを見た最初の日本人です。周りに自慢してくださいね」とアピールした。

 
最後に主演の前田は封切りを喜びながら「私にとって大切な作品になりました」と噛みしめて「皆さん、どうか宜しくお願いいたします」とSNSや口コミでの反響&大ヒットに期待を込めた。

『旅のおわり世界のはじまり』

公開日2019年6月14日より
劇場全国にて
配給東京テアトル
公式HPhttp://tabisekamovie.com/

(C)2019「旅のおわり、世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック