本人役で出演のエド・シーランも登場、本作を大絶賛!ザ・ビートルズの故郷イギリスで鮮やかにプレミア開催!キャスト&スタッフらが“ザ・ビートルズ”への愛を込め、本作を語る!『イエスタデイ』 ロンドンプレミアイベント

2019.06.20

日時:6月18日(火)夕刻※現地時間
場所:Odeon Luxe Leicester Square (ロンドン)
登壇者:エド・シーラン、ダニー・ボイル(監督)、リチャード・カーティス(脚本)、ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノン 他

 

0620_003

 

アカデミー賞監督ダニー・ボイルと、アカデミー賞ノミネート脚本家リチャード・カーティスが贈る最新作『イエスタデイ』が10月11日(金)に日本公開となる。本作は「もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまっていたとしたら!?」というユニークな設定で、音楽、夢、友情がザ・ビートルズの名曲に彩られ展開していく壮大なドラマ。本作の舞台でもあるイギリスでプレミアが実施された。プレミアには、本人役で出演したエド・シーランのほか、ダニー・ボイル監督、脚本家のリチャード・カーティス、主演のヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズやケイト・マッキノンらが参加。キャストとスタッフたちは、各人ザ・ビートルズへの愛を込めて製作、参加した本作への想いを語った。さらに、ダニー・ボイル、リチャード・カーティスら製作陣らは、「本作の主役はエド・シーランをモデルにして作られた」と貴重なエピソードも明かした。

 
直前まで降っていた雨を払うかのように、イエローレッドカーペットでハッピーな雰囲気に包まれた会場。世界中のメディアが取材で集まる中、エド・シーラン、ダニー・ボイル(監督)、リチャード・カーティス(脚本)、ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノンらが登壇した。

 
一番初めに登壇した脚本のリチャード・カーティスは、「ザ・ビートルズが存在しない世界というのはかなり酷いものだ。素晴らしいものをこの世からなくした後、またそれを戻すというアイデアが素晴らしいことだと感じた。」と“ザ・ビートルズが存在しない世界”を描こうと思った理由を明かし、「ダニーはアイデアが豊富なので非常にリラックスできた。エネルギー、想像力溢れる人と一緒に仕事ができて嬉しかったね。」とボイル監督との初のタッグを語った。一方、ダニー・ボイル監督は「ザ・ビートルズがいかに貴重な存在なのかに気づくことになるんだと思う。彼らの作品がいかに大切なのかということを認識することになるんだ。“なんてことだ!彼らがいなくなってしまったら、一体どうなるんだ?”ってね。劇中でもその結果、何かがなくなったりするジョークが出てくるんだ。」と本作へ手応えをみせる。そして、本作の主役に大抜擢のヒメーシュ・パテルは、オファーを受けた時の心境を「ダニーがあまりに素晴らしく、気さくな人だから彼がいかにすごい人物なのかということをすぐに忘れてしまうんだ。一緒に仕事をするのに最高の人だよ。」と監督の偉大さを明かした。リリー・ジェームズはバーバリーの白のシアードレスに身を包み登場。『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(18)、『ベイビー・ドライバー』(17)と音楽を使った映画の出演が続くことについて、「音楽と映画は私にとってすべてよ!人生を楽しみ、逃避する方法でもあるの。音楽は別の世界に連れて行ってくれて、それなしでは生きていけないわ。」と自身にとって“音楽”と“映画”の存在の大きさを語った。

 

もともとエドと友人であるカーティスは「彼は僕の友人で、本作の舞台サフォークに住んでいる。売れなかったミュージシャンがその後、世界で最も成功するというエピソードや彼の恋愛模様についてエドがモデルになっているんだ。だから、エド以外で本人役のキャスティングは考えられないよ!」と明かし、ボイル監督は「彼に参加してもらったのは素晴らしかったね。一緒にいて楽しい人で、共に仕事をするのは最高だ。我々とこのプロセスを楽しんでくれる。不平など漏らすことは決してなかったし、素晴らしかったね。」とエド・シーランを大絶賛。そんな絶賛コメントが集まる中、一段と大きな黄色い歓声に包まれて登場したのはエド・シーラン本人。主人公ジャックは自身がモデルになっていると聞き、「嬉しかったよ!彼がサフォーク出身だというのが気に入ったんだ。僕をモデルにしてくれたことは光栄だよ。」と笑顔をみせる。「かなり以前に、リチャードからこのような題材の映画の脚本を書いていると聞いていた。それからある日、ダニーと共にディナーに招待されたんだけど、そこで色々な質問攻めにあって、なぜそんなに聞かれるのだろうと不思議に思っていたんだよ!それから依頼があったんだ。」とオファーがあった経緯も明かされた。今までで一番の大役を演じることについて、「自分自身を演じるのでもっと単純だと思っていたけど、少し違っていたよ。実際のコンサートでも撮影したんだけど、楽しかったよ!」と語り、撮影を振り返った。また、エドと共演したヒメーシュは、「劇中でジャックが弾くギターを選びに行く時、エドはアドバイスをしてくれたよ。」とエドの優しさが垣間みえるエピソードを語り、「エドが彼自身でいてくれることが僕にとってのアドバイスだった。とても気さくで、あんなに大スターでいながら、それでも尚、高潔でいることが出来るのだと教わったよ。」とジャックを演じるうえで、エド本人が参考になったと明かしている。

 

本作にとって大切な存在である“ザ・ビートルズ”について、カーティスは「ザ・ビートルズは芸術的なものとして、僕の人生において最も大切なことであり続けた。僕の映画を振り返ってみると、それらは皆、喜び、愛、若さといったザ・ビートルズが支持してきたことについてだった。57年間もずっとザ・ビートルズファンだったんだ。死ぬまでずっとザ・ビートルズファンで有り続けたいね。」、ボイル監督は「僕にとってはとても大切な存在だ。僕は彼らの出身地から20マイルほどのところで育ったんだ。生き方、仕事、経済、自己表現といった意味で、ポップカルチャーに火をつけたという彼らの偉業を通して僕たちは今を生きている。歴史的な意味で、彼らは文字通り一夜にして世界を変え、その恩恵を通して僕たちは今生きているんだ。」と語った。ヒメーシュは「彼らは世界中の文化に大きく貢献した。特別なバンドだと思うし、特別であり続ける。」、リリーは「彼らの音楽は私にとって、特に本作を終えた今、とても大きな意味を持つわ。彼らの人物像、彼らが象徴するものを讃えるのだと思う。ザ・ビートルズの喜びとスピリットを本作に感じて頂ければと願っているわ。」とコメント。そして、エド・シーランは「僕の人生には常にザ・ビートルズがあった。初めてザ・ビートルズの曲を演奏したのがいつ頃だったかは思い出せないが、常にそこにあった気がする。子供の頃に言葉を学んでいくのと同じで、小さい頃はザ・ビートルズの曲を覚えたものだったよ。ザ・ビートルズなら間違いなしだ。この作品はリチャードが脚本を、ダニーが監督を手がけ、ザ・ビートルズの曲があるわけだから、間違いないよ!」と、それぞれ“ザ・ビートルズ愛”を語り、改めて彼らの存在の大きさを感じるプレミアとなった。

 

カーティスは「日本の皆さんへ、僕のファンでいてくれるのならそれは過ちだが(笑)、ザ・ビートルズが好きなら、それは世界で最も素晴らしいことだ。本作を観て頂ければきっと気に入ってくれると思う。楽しんでくださいね。」と日本に向けてメッセージを送った。最後、「みんながどういう反応なのかを見るのが楽しみだ。だから1人では観ずに、みんなと一緒に楽しもうと思っている」と作品への期待を膨らませ、ファンサービスを行いながら本プレミアのスクリーニングへ足を運んだエド。インスタグラムでは興奮した様子で、「今、プレミアで『イエスタデイ』を観たよ。凄くよかった!!」とコメントし、大絶賛した。

 

『イエスタデイ』

公開日2019年10月11日より
劇場全国にて
配給東宝東和

(C)Universal Pictures .

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック