映画『映像研には手を出すな!』5月15日(金)公開が決定!さらに、まさかの映画公開に先駆けTVドラマ化も決定!!

2020.02.18

0218_001

 
「月刊!スピリッツ」にて連載中の話題のコミック『映像研には手を出すな!』(作:大童澄瞳/小学館)が、昨年乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波により実写映画化されることが発表されたが、公開日が 5月15日(金) に決定した。さらに同キャスト・同スタッフにより、映画公開に先駆けて、なんと4月より MBS/TBSドラマイズムほかにてTVドラマ化(全6話)されることが決定した。

 
「映像研には手を出すな!」は、 “最強の世界”を夢見てアニメーション制作を志す3人の女子高校生の姿を独特な世界観と共に描き出す。作品設定のアイデアを湯水のように生み出す、極度の人見知りな主人公・浅草みどり役に齋藤飛鳥。超お嬢様でカリスマ読者モデルながらアニメーターを目指している天真爛漫な水崎ツバメ役に山下美月。アニメに興味はないものの金儲けの嗅覚と持ち前のビジネスセンスでプロデューサー的立ち位置の金森さやか役に梅澤美波。人気アイドルグループとして、そしてソロ活動でも華麗に活躍する3人が「そこまでやるのか!」という体当たりの演技で挑む実写版「映像研」。昨年10月から撮影・制作中だった本作が、なんと映画のみならずTVドラマとして、4月よりオンエアがスタートする。

 

そしてこの度、実写の映画公開とTVドラマの放送に向けて、第一弾ビジュアルが解禁となった。齋藤飛鳥が演じる浅草みどり、山下美月が演じる水崎ツバメ、梅澤美波が演じる金森さやかという、映像研所属の3人が 「この3人には手を出すな!」と言わんばかりに禁止マークごと壁に張り付けられているポスタービジュアル。これまでの乃木坂46としての活動では見ることのない表情とポージング。ビジュアルそのままに本編内でも大暴れする3人に期待だ。

 

さらに、ドラマ版のメインキャスト陣が新たに発表されました。“映像研究同好会”の創設を目指す浅草ら部員たちにとって、承認の権限を持ち、部活動の予算管理する“大・生徒会”。その会長を務める “道頓堀透” を、今年映画出演作が多数控えている注目の女優、小西桜子が演じる。書記で影の実力者 “さかき・ソワンデ”役には、本作が演技初挑戦となるグレイス・エマが大抜擢。大・生徒会の切り込み隊長“阿島九”には第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞した福本莉子。さらに独特なオーラで“”映像研を見守る “藤本先生” を髙嶋政宏が担当することが発表された。映像研の3人と対峙する彼らが、どんな演技をぶつけ合うのか!?期待したい。「映像研には手を出すな!」の原作は、「ブロスコミックアワード2017」大賞、『俺マン2017』で1位、『THE BEST MANGA 2018 このマンガを読め!』7位、『マンガ大賞2018』ノミネートなど、様々な賞レースで存在感を発揮している話題作。今年1月からNHK総合で放送スタートされたTVアニメが話題を集め、この放送を機に原作コミックの累計発行部数は3倍以上に増加。毎週アニメ放送日にはSNSで関連ワードが数多くトレンド入りするなど、「映像研」は、今まさに最注目のタイトルだ。

 

そんな盛り上がりをみせる中、MBS/TBS「ドラマイズム」枠にて、MBSは4月5日より毎週日曜24:50、TBSは4月7日より毎週火曜25:28から実写ドラマ版が放送開始となる。さらに、映画はなんとTVドラマ最終話がオンエアされた、その週末5月15日(金)から全国スクリーンに登場する。1月よりアニメ、4月にはTVドラマ、5月15日(金)に映画公開へと続き、2020年上半期は『映像研には手を出すな!』が席巻する!

 

『映像研には手を出すな!』

公開日2020年5月15日より
劇場全国にて
配給東宝映像事業部
公式HPhttps://eizouken-saikyo.com/

(C)2020 「映像研」実写映画化作戦会議 (C)2016 大童澄瞳/小学館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック