『野性の呼び声』「これからの僕の人生は、冒険ですね」“絆”と“冒険”に坂上忍が興奮!特別映像公開!

2020.02.19

0219_001

 
「スター・ウォーズ」シリーズでアウトローの運び屋、「インディ・ジョーンズ」シリーズでは冒険家の考古学を演じてきたハリウッドの名優ハリソン・フォード最新作『野性の呼び声』の日本公開が 2 月 28 日(金)に決定。アメリカを代表する名作冒険小説を基に、地図にない地を目指し旅する男ソーントンと奇跡の名犬バックの出会い、そして言葉の壁を超えた友情と冒険を描く感動のアドベンチャーを実写化する。この度、俳優で TV バラエティや情報番組などでもマルチに活躍し、芸能界きっての愛犬家でもある坂上忍が、愛犬のパグゾウくんと共に本作の感動ポイントを語る、特別映像が解禁となった。

 

特別映像には、坂上の感動の声と、坂上の愛犬パグゾウくんの愛らし映像が映し出される。本作『野性の呼び声』は、たった独りで孤独な旅を続ける男・ソーントン(ハリソン・フォード)と、数奇な運命で犬ぞりの先導犬となった名犬バックとの“出会い”と“絆”を描く、感動の物語。坂上は、開口一番「ズルいなぁ!!」と一言。パグゾウくんを抱きかかえながら「犬好きの僕にこれ観せる!?」と興奮気味に語る坂上は、ソーントンとバックの“言葉の壁を越えた絆”と壮大な冒険に心を打たれたご様子で、思わず「旅に出る?」とパグゾウくんに問いかけた。歯に衣着せぬ発言するキャラクターで大人気の坂上らしい、感動がストレートに伝わる心温まる特別映像となっている。

 
犬 14 匹、ネコ 3 匹の合計 17 匹の動物を飼っているという坂上は、プライベートで映画を観る時も、「動物絡みの作品は、ほぼ 100%観ていると思います。」と語るほどの動物映画通。そんな坂上は、「ちょっとビックリしました。まばたきや間などのバックの表情がとてもリアルでした。犬は言葉が話せない分、見つめ方などのちょっとした仕草で意思表示をするのですが、凄く上手く表現されていました。」と語り、やはりバックに心を奪われたことを明かす。さらに、「苦しんでいる犬や猫を保護する施設を作りたいという夢があったので、最近土地を買いました。僕の生活は動物無しには成立しないので、いろんな意味で恩返しをしていきたい。いつ完成するかは分からないので、長い旅路になると思います。だからこれからの僕の人生はずっと冒険ですね。」と語り、優しい笑顔を見せながらも、バックとの最高の冒険に挑む劇中のソーントンのような固い決意を表した。

 
ディズニー・アニメーション『美女と野獣』や『アラジン』など数々の名作を生み出してきたクリス・サンダースとハリソン・フォードがタッグを組んだ、感動必至の“言葉の壁を越えた絆”の物語は、2 月 28 日(金)全国公開。

 
映画『野性の呼び声』特別映像 【坂上忍さんインタビュー】2月28日(金)公開
https://youtu.be/2lLsSqPjuPk

『野性の呼び声』

公開日2020年2月28日より
劇場全国にて
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)2020 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック