『野性の呼び声』全米が 2 人の“言葉の壁を越えた絆”に感嘆!Rotten Tomatoes 91% CINEMA SCORE A−予想を上回る大ヒットスタートで絶賛の嵐!

2020.02.26

0226_003

 

「スター・ウォーズ」シリーズでアウトローの運び屋、「インディージョーンズ」シリーズでは冒険家の考古学者を演じてきたハリウッドの名優ハリソン・フォード最新作『野性の呼び声』がいよいよ 2 月 28 日(金)に公開する。アメリカを代表する作家、ジャック・ロンドンの世界的名作冒険小説を基に、地図にない地を目指し旅する男ソーントンと奇跡の名犬バックの出会い、そして言葉を超えた友情と冒険を描く感動のアドベンチャーが実写化。先週 2 月 21 日(金)より全米 3752 のスクリーンで公開となった本作は、事前予想をはるかに上回る週末3日間の興行収入が約 2479 万ドル(約 27 億 210 万円※1ドル/109 円換算)を記録した。(Box Office Mojo 調べ_2/24 現在)劇場には、25 歳以上の大人の観客が多く足を運び、中でも 45 歳以上が最も多くみられた。辛口で有名な批評サイトRotten Tomatoes では、一般のスコアが驚異の 91%※、また CINEMA SCORE では A-※を叩き出すなど、絶賛の嵐となっている。ソーントンとバックの“言葉の壁を越えた絆”を描いた感動の物語に、今全世界が熱狂している!(※2/24 時点)

 

【SNS 上に吹き荒れる“野性の呼び声”旋風!錚々たるメディアも大絶賛!!】

全米の公開と共に、新作をいち早く鑑賞したユーザーからは多くの絶賛の声が SNS 上に溢れた。「バックは素晴らしい主役で、ハリソン・フォードは素晴らしい助演だった」や「ソーントンとバックの素晴らしい絆が描かれている」、「犬の持つ感情がまるで人生を表現しているようだった。」など、ソーントンやバックに心を奪われているものから、「ハリウッドがもっとこんな作品を作って欲しいと思わせる上質な作品。」や「誰もが楽しめる素晴らしい作品」、「素晴らしい映画。笑って、そして泣いた。」「素晴らしいストーリーだった。絶対に観るべき」とソーントンとバックの絆が描かれるストーリーに共感する人など共感するポイントは様々。更には批評家たちもこぞって太鼓判を押している。

 

・「犬の愛らしさと魅力的なキャラクターによって、ジャック・ロンドンの名作小説についに完全な形で命を吹き込まれた。」_L.A. Weekly

・「犬好きにはたまらない、心温まる冒険映画。ハリソン・フォードの抑えた演技も素晴らしい。」_ComicBookMovie.com

・「思わず息を呑む、心温まる大冒険映画。ハリソン・フォードの近年最高の演技。」_NCU Movie Guru
・「正にディズニーらしい心を揺さぶられるエンターテイメント作品だ」_Irish Times

 

ディズニー・アニメーション『美女と野獣』や『アラジン』など数々の名作を生み出してきたクリス・サンダースとハリソン・フォードがタッグを組んだ、感動必至の“言葉の壁を越えた絆”の物語は、2 月 28 日(金)全国公開。

『野性の呼び声』

公開日2020年2月28日より
劇場全国にて
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)2020 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック