『15 年後のラブソング』これが大人のロマンティック。大人になりそこねたオトナたちに、各界からエールが続々到着!

2020.05.22

0522_001

 
6 月 12 日(金)より、イーサン・ホーク主演『15 年後のラブソング』(配給:アルバトロス・フィルム)が全国公開となる。「大人になりきれない男」がまさにハマリ役の名優イーサン・ホークが、伝説のミュージシャンをこのうえなくチャーミングに好演。ヒロインを演じるローズ・バーンとクリス・オダウドが、カップルの腐れ縁あるあるをユーモアたっぷりに演じるのも楽しい、新しい人生に一歩を踏み出す大人たちを描くロマンティックコメディ。『アバウト・ア・ボーイ』『ハイ・フィデリティ』等の原作者として知られる欧米で人気の小説家ニック・ホーンビィの原作を基に、90 年代オルタナロックブームの人気バンド「レモンヘッズ」初代ベーシストのジェシー・ペレッツが監督を手掛けただけあり、ダメミュージシャンと音楽オタクを愛情深く描く。

 

大人になりきれない二人の男とヒロインが迎えるラストが清々しい音楽をめぐるラブストーリーの本作に、ミュージシャンや音楽好きな著名人、小説家や女性コラムニスト、舞台イギリスにゆかりのある著名人などから、共感するコメントが続々到着した!「ロマンティック! こういうことが、もう大人な私達のロマンティックと現実の融合地点。」とコメントを寄せた YOU(タレント)、「大人になり損ねたオトナは、そこらじゅうにいるってこと。私もそのひとりだから、この物語はとても心強かった。」というコメントを寄せたジェーン・スー(コラムニスト、ラジオパーソナリティ)をはじめ、LiLiCo(映画コメンテーター)、豊田エリー(女優・モデル)、山内マリコ(作家)、山崎まどか(コラムニスト)、辛酸なめ子(漫画家・コラムニストなど)など女性陣からの多くの共感の声が。また、浜崎貴司/FLYING KIDS (ミュージシャン)からはミュージシャンならではの実感、JOY(タレント)からはダメなミュージシャン役を演じたら右に出るものはいないイーサン・ホークへの絶賛。そして、クリス-ウェブ 佳子(モデル・コラムニスト)からは、「人恋しい!人肌恋しい!とにかく会いたい! 自由ままならない暮らしが続くなかで、そんな気持ちが十分すぎるほど膨らんでしまった私には必要でした、この映画!真にギュッときます。」という、今この時期だからこその熱い感動コメントが到着。その他、ベストセラー「100 回泣くこと」著者の中村航(小説家)、ピーター・バラカン(ブロードキャスター)、よしひろまさみち(映画ライター)、ハリー杉山(タレント)からも絶賛の声が届いている。

 

ヒロインに届く一通のメールからはじまる、人に会えない自粛生活が続いた今だからこそより心に響く『15 年後のラブソング』は6月12日公開!

 
ロマンティック! こういうことが、もう大人な私達のロマンティックと現実の融合地点。そうなのだ! ここからなのだ!
――――YOU(タレント)

 

大人になり損ねたオトナは、そこらじゅうにいるってこと。私もそのひとりだから、この物語はとても心強かった。
――――ジェーン・スー(コラムニスト、ラジオパーソナリティ)

 

こんなミュージシャンは絶対いそうだし、こんな恋も本当にありそうだ。
絶対、いてほしいし、あってほしい!
――――中村航(小説家)

 

やっぱり人生は
悩んだり、失敗したり、
出会ったり、別れたり、
幸せに辿り着くまで
困難なほうが楽しい!
笑いとハートフルのバランスが絶妙!
誰だって新しく輝けるよ

――――LiLiCo(映画コメンテーター)

 

肩の力が抜けていてすーっと物語に入っていけました。
終わった後も気持ち良さが胸に残ります。ミュージシャンってアホですいません。
――――浜崎貴司 FLYING KIDS (ミュージシャン)

 

人恋しい!人肌恋しい!とにかく会いたい!
自由ままならない暮らしが続くなかで、そんな気持ちが十分すぎるほど膨らんでしまった私には必要でした、この映画!真にギュッときます。心地良いほど嘘がなく、人間臭く、オトナになろうが結局は誰もが初心者に出戻りしてしまうのが恋愛なんだと再確認。だからしてルーザーにも恋のチャンスは巡ってくるんだと再認識。本当に恋って人生を動かします!
――――クリス-ウェブ 佳子 (モデル・コラムニスト)

 
ユーモアとハートフルさに包まれた素敵なラブコメディ!一歩踏み出してみよう!そんなふうに思わせてくれました。イーサン・ホークのダメ男ぶりが本当にいい味出してます!
――――JOY(タレント)

 
切ないのに笑えてしまう、好きな瞬間がたくさん。
ダメでもさ、いいじゃない。理想の“大人”には遠くたって。
自分の人生を見つける第一歩を描いたこの作品に、心がすっと落ち着いた。
――――豊田エリー(女優・モデル)

 
美は聴く人の耳の中にあり… 音楽オタクをやさしくおちょくる感覚にかけてはニック・ホーンビーは最高。「ハイ・フィデリティ」のファンに
お薦めです。
――― ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

 
なんてチャーミング。思わずくすっと微笑みながら、寒い夜のホットミルクのように優しく寄り添ってくれる作品。キャスト陣のバランスも絶妙!!
――――ハリー杉山(タレント)

 
年を重ねたからこそ、一歩踏み出す勇気もないのも当たり前。グダグダだけど胸にズキュっと刺さるラブコメディ。見た目からキャラを反映したキャスティングが最高よ。
――――よしひろまさみち(映画ライター)

 
いぶし銀の光を放つ90年代の音楽伝説に、終始笑いっぱなし。
ニック・ホーンビィもイーサン・ホークも、今の方が断絶好きだ!
――――山内マリコ(作家)

 

音楽のタイムマシーンによって時間を行き来するトリップ感。さらにヒロインから、オタク男子とセレブ男子の扱い方を学べます。
――――辛酸なめ子(漫画家・コラムニストなど)

 
エモい男子が主役の物語の重要人物といえば「しっかり者の彼女」。今回は、かつてのエモい男子代表の原作者と主演男優が大人になって、そんな女子の方に光を当てて、彼女自身が主人公の物語に送り出した。大人になるって、悪いことばかりじゃない。
――――山崎まどか(コラムニスト)

 

『15 年後のラブソング』

公開日2020年6月12日より
劇場新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて
配給アルバトロス・フィルム

(C)2018 LAMF JN, Ltd. All rights reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック