久松静児のフィルモグラフィー

作品名 カテゴリー 制作国(製作年) 動画
花のお江戸の法界坊 監督 日本 (1965)
沙羅の門 監督 日本 (1964)
僕はボデイガード 監督 日本 (1964)
喜劇 駅前茶釜 監督 日本 (1963)
クレージー作戦 先手必勝 監督 日本 (1963)
丼池 監督 日本 (1963)
わんぱく天使 監督 日本 (1963)
愛のうず潮 監督 日本 (1962)
喜劇 駅前温泉 監督 日本 (1962)
喜劇 駅前飯店 監督 日本 (1962)
早乙女家の娘たち 監督 日本 (1962)
女家族 監督 日本 (1961)
河内風土記 おいろけ説法 監督 日本 (1961)
喜劇 駅前団地 監督 日本 (1961)
喜劇 駅前弁当 監督 日本 (1961)
南の島に雪が降る('61) 監督 日本 (1961)
新・女大学 監督 日本 (1960)
地の涯に生きるもの 脚色 日本 (1960)
地の涯に生きるもの 監督 日本 (1960)
路傍の石('60) 監督 日本 (1960)
愛妻記 監督 日本 (1959)
愛の鐘 脚本 日本 (1959)
愛の鐘 監督 日本 (1959)
飛びっちょ勘太郎 監督 日本 (1959)
怒りの孤島 監督 日本 (1958)
つづり方兄妹 監督 日本 (1958)
母三人('58) 監督 日本 (1958)
みみずく説法 監督 日本 (1958)
雨情 監督 日本 (1957)
裸の町('57) 監督 日本 (1957)
神阪四郎の犯罪 監督 日本 (1956)
雑居家族 監督 日本 (1956)
女囚と共に 監督 日本 (1956)
おふくろ('55) 監督 日本 (1955)
警察日記 監督 日本 (1955)
「春情鳩の街」より 渡り鳥いつ帰る 監督 日本 (1955)
続・警察日記 監督 日本 (1955)
月夜の傘 監督 日本 (1955)
女の暦 監督 日本 (1954)
母の初恋 監督 日本 (1954)
放浪記(1954) 監督 日本 (1954)
怒れ三平 監督 日本 (1953)
十代の誘惑 監督 日本 (1953)
地の果てまで 監督 日本 (1953)
妖精は花の匂いがする 監督 日本 (1953)
浅草紅団 監督 日本 (1952)
安宅家の人々 監督 日本 (1952)
生き残った弁天様 監督 日本 (1952)
秘密(1952) 監督 日本 (1952)
二つの処女線 監督 日本 (1952)
宮城広場 監督 日本 (1951)
霧の夜の恐怖 監督 日本 (1951)
泥にまみれて 監督 日本 (1951)
炎の肌 監督 日本 (1951)
拳銃の前に立つ母 監督 日本 (1950)
指名犯人 監督 日本 (1950)
東海道は兇状旅 監督 日本 (1950)
氷柱の美女 監督 日本 (1950)
美貌の海 監督 日本 (1950)
面影三四郎 監督 日本 (1949)
毒薔薇 監督 日本 (1949)
花の日月 監督 日本 (1949)
母燈台 監督 日本 (1949)
三面鏡の恐怖 監督 日本 (1948)
三面鏡の恐怖 脚本 日本 (1948)
新愛染かつら 監督 日本 (1948)
女囚36号 監督 日本 (1947)
蝶々失踪事件 監督 日本 (1947)
盗まれかけた音楽祭 監督 日本 (1946)
パレットナイフの殺人 監督 日本 (1946)
夜光る顔 監督 日本 (1946)