館岡謙之助のフィルモグラフィー

作品名 カテゴリー 制作国(製作年) 動画
悲しみはいつも母に 脚色 日本 (1962)
太平洋戦争と姫ゆり部隊 脚色 日本 (1962)
「粘土のお面」より かあちゃん 脚色 日本 (1961)
私は嘘は申しません 脚色 日本 (1961)
次郎物語(1960) 脚色 日本 (1960)
続次郎物語 若き日の怒り 脚色 日本 (1960)
大東亜戦争と国際裁判 脚本 日本 (1959)
明治大帝と乃木将軍 脚色 日本 (1959)
悪魔と天使の季節 脚色 日本 (1958)
天城心中 天国に結ぶ恋 脚本 日本 (1958)
世界の母(1958) 脚本 日本 (1958)
天皇・皇后と日清戦争 脚本 日本 (1958)
黄色いからす 脚本 日本 (1957)
素足の娘 脚色 日本 (1957)
明治天皇と日露大戦争 脚本 日本 (1957)
雌花 脚色 日本 (1957)
栄光と驀走王 脚本 日本 (1956)
君ひとすじに 脚色 日本 (1956)
君ひとすじに(完結篇) 脚色 日本 (1956)
軍神山本元帥と連合艦隊 脚本 日本 (1956)
続・君ひとすじに 脚色 日本 (1956)
隣の嫁 脚色 日本 (1956)
花ふたたび 脚色 日本 (1956)
青カ島の子供たち 女教師の記録 脚本 日本 (1955)
一寸法師(’55) 脚色 日本 (1955)
青春怪談(1955 阿部豊) 脚本 日本 (1955)
妙法院勘八 脚色 日本 (1955)
石中先生行状記 青春無銭旅行 脚色 日本 (1954)
君ゆえに 脚色 日本 (1954)
慈悲心鳥 脚色 日本 (1954)
日本敗れず 脚本 日本 (1954)
母恋人形 脚色 日本 (1954)
母の秘密 脚本 日本 (1954)
継母 脚色 日本 (1954)
若き日の啄木 雲は天才である 脚本 日本 (1954)
暁の市街戦 脚本 日本 (1953)
女といふ城 マリの巻 脚本 日本 (1953)
女といふ城 夕子の巻 脚本 日本 (1953)
魚河岸の石松 脚色 日本 (1953)
子は誰のもの 脚色 日本 (1953)
思春の泉 脚色 日本 (1953)
春雪の門 脚色 日本 (1953)
母子鳩 脚色 日本 (1953)
母系図 脚本 日本 (1953)
むぎめし学園 脚色 日本 (1953)
朝の波紋 脚本 日本 (1952)
佐渡ケ島悲歌(エレジー) 脚本 日本 (1952)
死の街を脱れて 脚色 日本 (1952)
貞操の街 脚本 日本 (1952)
母子鶴 脚本 日本 (1952)
母の罪(1952) 脚本 日本 (1952)
二人の母 脚本 日本 (1952)
暁の急襲 脚本 日本 (1951)
伊豆物語 脚本 日本 (1951)
孔雀の園 脚色 日本 (1951)
のど自慢三羽烏 脚色 日本 (1951)
わかれ雲 脚本 日本 (1951)
愛の山河(1950) 脚本 日本 (1950)
拳銃の前に立つ母 脚本 日本 (1950)
女性対男性 脚色 日本 (1950)
千石纏 脚本 日本 (1950)
妻の部屋 脚色 日本 (1950)
転落の詩集 脚本 日本 (1950)
毒牙 脚本 日本 (1950)
肉体の暴風雨 脚本 日本 (1950)
母椿 脚本 日本 (1950)
美貌の海 脚本 日本 (1950)
愛染草(1949) 脚色 日本 (1949)
彼女は答える 脚色 日本 (1949)
検事と女看守 脚色 日本 (1949)
毒薔薇 脚本 日本 (1949)
流れる星は生きている 脚色 日本 (1949)
涙の港 脚本 日本 (1949)
花形歌手 歌の明星 脚本 日本 (1949)
母紅梅 脚本 日本 (1949)
母三人(1949) 脚本 日本 (1949)
流星(1949) 脚本 日本 (1949)
面影(1948) 脚本 日本 (1948)
三百六十五夜(1948) 脚色 日本 (1948)
新愛染かつら 脚色 日本 (1948)
誰に恋せん 脚本 日本 (1948)
母(1948) 脚本 日本 (1948)
馬車物語 脚色 日本 (1948)
今宵妻となりぬ 脚本 日本 (1947)
第二の抱擁 脚本 日本 (1947)
花嫁の正体 脚本 日本 (1947)
雲は天才である 脚本 日本 (0)