明日に賭ける

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

クイント(オリヴァー・リード)は有能なCM作家だが、ある朝突然、勤務先のリュート公告社を辞めてしまった。剛腹な社長ジョナサン・リュート(オーソン・ウェルズ)は、彼がライバル社のダラフィールド公告社に行くのではないかと心配しているが、クイントは嘘とハッタリづくめの公告商売に愛想がつきたのだ。そのうえ彼は妻と娘との幸福な家庭を捨て、関係ある2人の女性とも別れ、自由奔放な生活を始めようと心に決めた。そして大学時代の友人で、売れない文芸雑誌をコツコツと出しているニコラスを訪ね、幾分かの出資をして編集助手におさまった。雑誌社のスタッフはほかには、秘書ジョージナ(キャロル・ホワイト)がいるだけ。彼女には印刷屋がうるさくいいよっているが、次第に男性的なクイントに惹かれていった。2人は原稿依頼にケンブリッジ大学を訪ねたりして、親しさを増していった。ところがクイントの留守中、ニコラスは、こともあろうに雑誌社をリュートに売り渡してしまった。リュートの肚はわかっている。もう一度クイントを輩下におさめ、CMフィルムを作らせ、創作広告祭に出品しようと思っているのだ。クイントは、いくらあがいても大きな力には勝てないと悟り、フィルム製作に取り組んだ。急に多忙になり、新しい恋人ジョージナとの旅行計画も延び延びになる。2人は言い争い、そして結ばれた。だが数日後ジョージナは、忙しいクイントにデイトを、すっぽかされ、酔ったニコラスに車で送られて帰る途中、交通事故にあって死んでしまった。その翌日、皮肉にもクイントの製作してフィルムは創作広告祭に優勝した。リュート広告社の名誉。だがクイントは荒れた。祝賀会の席上、恋人の死や勝利にともなう虚脱感などが入りまじり、……。翌朝、テームズ河畔にたたずむクイントのそばに妻のルイーズが、やさしく寄りそった。男が中年になり、生活を一変するなんて出来やしない。クイントはダラフィールド広告社に移り明日に賭けることを誓うのだった。


解説

ピーター・ドレイパーの脚本を「ジョーカー野郎」のマイケル・ウィナーが製作・監督にあたった。撮影はオットー・ヘラー、音楽は「白い恋人たち」のフランシス・レイが担当した。出演は「オリバー!」のオリヴァー・リード、「夜空に星のあるように」のキャロル・ホワイト、「ジブラルタルの追想」のオーソン・ウェルズ、「あの胸にもういちど」のマリアンヌ・フェイスフルほか。


配給ユニヴァーサル
制作国アメリカ (1968)
ジャンル 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
音楽

キャスト

俳優名役名
オーソン・ウェルズ (Orson Welles)Johnatan_Lute
オリヴァー・リード (Oliver Reed)Andrew_Quint
キャロル・ホワイト (Carol White)Georgina
ハリー・アンドリュース (Harry Andrews)Gerald_Sater
マイケル・ホーダーン (Michael Hordern)Headmaster
ウェンディ・クレーグ (Wendy Craig)Louise_Quint
マリアンヌ・フェイスフル (Marianne Faithfull)Josie
ノーマン・ロッドウェイ (Norman Rodway)Nicholas
フランク・フィンレイ (Frank Finlay)Chaplain
Harvey Hall (Harvey Hall)Maccabee
Ann Lynne (Ann Lynne)Carla
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック