摩天楼を夢みて

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

シェリー・レーヴィン(ジャック・レモン)はかつては成績優秀な不動産セールスマンだった。しかし今は娘の入院やツキがないやらで、成績不振。リッキー・ローマ(アル・パチーノ)は今やミッチ&マレー社でトップの敏腕セールスマン。押しの強さと巧みな話術でつぎつぎと契約をモノにしていた。彼らの稼ぎは成績次第で、成績優秀者には優良願客情報が与えられるが、他の者は最初からクズのような資料しか与えられない。その日の戦略会議はいつもと違っていた。成績トップのローマを除いた同僚のセールスマン、モス(エド・ハリス)と、アーロナウ(アラン・アーキン)、そして支店長ウィリアムソン(ケヴィン・スペイシー)を前にして、本社からやって来た幹部ブレイク(アレック・ボールドウィン)が立っていた。彼は成績不振の3人を罵倒し、月間成績トップの者と2位の者以外は解雇すると言った。追いつめられたレーヴィンは支店長に優良顧客名簿を見せてくれればリベートを払うともちかけるが一蹴される。モスとアーロナウの今日のセールスも無駄足に終わった。2人は会社に復讐しようと決意し、高級リゾート地グレンガリー高原の顧客名簿を盗み、ライバル社に流そうと考えた。同じ頃ローマはバーでジェームズ・リンク(ジョナサン・プライス)という男に人生論を語っていた。うまく商談に持ち込み、巧みに契約に取りつけた彼だったが、翌朝出社すると、オフィスの前にパトカーが止まっており、警官が盗難があったと告げる。グレンガリーの名簿が盗まれたのだ。4人のセールスマンたちは一人一人警察の取り調べを受ける。そんな時、ローマが契約したリンクがキャンセルしたいと言ってくる。レーヴィンは幸運にも契約を取ることができてゴキゲンだったが、金庫の中のリンクの小切手のことをうっかりしゃべってしまう。このことから犯人はレーヴィンであることが分かり、モスが共犯者であることも明らかになるのだった。


解説

ニューヨークの不動産業界を舞台に、不動産セールスマンたちの姿を描く人間ドラマ。監督は「アフター・ダーク」のジェームズ・フォーリー。製作は元コロンビア映画の製作担当副社長で、ホテル業界に転身した後、映画界に復帰したジェリー・トコフスキーと建築・金融・不動産業界で活躍してきたスタンリー・R・ズプニック。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョゼフ・カラチオーラ・ジュニア。83年ロンドンで初演され、ピューリッツァー賞を受賞したデイヴィッド・マメットの同名戯曲を「殺人課」などで監督としても活躍する彼自身が脚本化。撮影はファン・ルイス・アンシア、音楽は「愛の選択」のジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。主演は「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」のアル・パチーノ、「JFK」のジャック・レモン、「キスヘのプレリュード」のアレック・ボールドウィン。他に「アビス」のエド・ハリス、「ロケッティア」のアラン・アーキン、「ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女」のケヴィン・スペイシー、「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のジョナサン・プライスが共演。


配給東宝東和
制作国アメリカ (1992)
ジャンル 

1993年09月04日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
アル・パチーノ (Al Pacino)Rickyroma
ジャック・レモン (Jack Lemmon)Shelley_Levene
アレック・ボールドウィン (Alec Baldwin)Blake
エド・ハリス (Ed Harris)Dave_Moss
アラン・アーキン (Alan Arkin)George_Aaronow
ケヴィン・スペイシー (Kevin Spacey)JohnWilliamson
ジョナサン・プライス (Jonathan Pryce)James_Lingk
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック