ジキル&ハイド(1995)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

19世紀末。ヴィクトリア朝下のロンドン。奉公人メアリー・ライリー(ジュリア・ロバーツ)は早朝帰宅した主人、ジキル博士(ジョン・マルコヴィッチ)から「手と首筋の傷はどうした?」と声をかけられる。思慮深く優しい彼に、働きだして早々にひかれていくメアリーだが、奉公人頭で執事のプール氏(ジョージ・コール)は口喧しく注意する。彼の注意をよそに博士はメアリーと親しくなり、いろいろと用事をいいつけるようになる。メアリーは自分の傷は、アルコール中毒の父(マイケル・ガンボン)の折檻のせいだと打ち明けた。が、ある日、彼の言いつけで、街の娼館の主人ファラデー夫人(グレン・クロース)宛ての手紙を託された彼女は、博士に秘密があることを感づく。ほどなく、博士は奉公人たちを集め、今後ハイド氏(ジョン・マルコヴィッチ=二役)なる人物が夜中に出入りするが、自分と同じように待遇せよと命じる。ハイド氏は粗野で下品な若々しい男で、博士とは正反対の人物だが、無理な注文ばかり奉公人たちに押しつける。メアリーは博士がハイド氏のために娼館の滞在費用を出していたことを知って、不審を強める。ハイドはメアリーに博士にしか話していないはずの自分の心の傷を告げ、メアリーは混乱するが、彼に博士にはない魅力を感じもする。メアリーは博士の代理でファラデー夫人から娼館の血まみれの部屋をみせられ、ハイドの乱行を知った。ファラデー夫人はハイドの件で館に乗り込んでくる。ところが博士が応対していたはずなのに、突然ハイドが現れ、メアリーに「夫人はお帰りになった」と告げる。一体二人はどういう関係なのか?メアリーの母が死んだ。メアリーは休みをもらい、貯金をはたいて立派な葬式を出した。墓地には父が待っていてこれからたびたび会って欲しいと頼むが、彼女は拒否する。帰り道。メアリーは警官に追われるハイドと鉢合わせ。「会うのはこれで最後だ」と言い捨て逃げ去るハイド。彼は学生時代の同級生でもあった悪友の議員を娼館で撲殺したのだ。博士の衰弱が目に見えて著しくなっていた。今まで製造できた薬品がつくれなくなったからだという。日夜博士のために雑用を引き受けるメアリー。ところがある晩。姿を消したはずのハイド氏が姿を現した。彼は驚くべき事実を告白する。「ジキル博士とハイド氏は同一人物だ。お前も分かっていたはずだ」と。メアリーが見守る前で二人の人格は破滅した。メアリーは二人の死を見届けると館を後にした。


解説

二重人格を描いた古典、スティーヴンソンの『ジキル博士とハイド氏』(邦訳・新潮文庫など)を家政婦の目から描いた一編。ヴァレリー・マーティンの小説『メアリー・ライリー』(邦訳・文春文庫刊)を、英国劇壇の才人、「キャリントン」(監督も)のクリストファー・ハンプトンが脚本化。監督はハンプトンと「危険な関係」(アカデミー脚色賞受賞)で組んだ、「スナッパー」のスティーブン・フリアーズ。製作はネッド・タネン、ナンシー・グラハム・タネン、「危険な関係」のノーマ・ヘイマン。エグゼクティヴ・プロデューサーはリン・プレシェット。撮影は「危険な関係」「王妃マルゴ」の名手フィリップ・ルースロ。音楽は「レディバード、レディバード」のジョージ・フェントン。美術はスチュアート・クレイグ、編集はレスリー・ウォーカー、衣裳デザインはコンソラータ・ボイルがそれぞれ担当。主演は「愛に迷った時」のジュリア・ロバーツ、「愛のめぐりあい」のジョン・マルコヴィッチ。共演は「ザ・ペーパー」のグレン・クロースほか。


配給ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国アメリカ (1995)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1996年08月31日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
ジュリア・ロバーツ (Julia Roberts)Mary Reilly
ジョン・マルコヴィッチ (John Malkovich)Dr.Jekyl/Mr.Hyde
ジョージ・コール (George Cole)Mr.Poole
マイケル・ガンボン (Michael Gambon)Mary's Father
Kathy Staff (Kathy Staff)Mrs.Kent
グレン・クローズ (Glenn Close)Mrs.Farraday
マイケル・シーン (Michael Sheen)Bradshow
ブロナー・ギャラガー (Bronagh Gallagher)Annie
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック